プロレス

11view

2020/1/21

最もプロレスラーらしいプロレスラー中西学が引退について

新日本プロレスの”野人”中西学選手が引退を発表した。 中西選手と言えばTwitterで#モンスターモーニング で御馴染みであるが、第三世代の中でも最初に頭角を現してきたことでも有名である。 朝だ☀取り過ぎ👺モンスターパ ニック👹 係りのおばちゃんも苦笑い😅 だけど凄いゼ福岡モンスターモー ニング🌄🍴 感謝の気持ちで☆いただくドン& おはようドン🎅🎄🍗🎂 ...

25view

2020/1/10

順番を守らないKENTAと律儀な聖帝タイチに期待したい

新日本プロレスが2月の札幌2連戦のカードと大阪城ホールのカードを発表しました。 大阪城ホールでは王者内藤からも挑戦権があるのか?と問われるKENTAが史上初のIWGPヘビーとIWGPインターコンチの二冠挑戦に挑みます。 順番を守らない男KENTAの挑戦 イッテンゴ東京ドームではNEVER無差別級選手権でゴトヒロこと後藤にベルトを奪われてしまったKENTAですが、内藤がメイン後のマイク締め中に乱入し二冠戦への挑戦権を得た形になりました。 そもそも、チャンピオンへの挑戦なのですから王道でいくと試合に勝利したか ...

54view

2019/12/7

KENTAからのパスを台無しにする後藤とYOSHI-HASHI

新日本プロレスではワールドタッグリーグが絶賛開催中です。 優勝争いも佳境に入っていますが、ここでファンの間で注目を浴びているのが試合後のKENTAのコメントです。 全シリーズから石井のことをTOMO(トモ)と呼んだり、試合後のコメントカメラで恋人ごっこしたりと、かなりいい味を出してきたKENTAのコメントをまとめています。 新日本プロレスでのKENTAのバクステのコメントをまとめてみた / https://a-pacific.blogs.co.jp/itten4tana/ 締めの言葉は「結局俺が、何が言い ...

925view

2019/12/7

新日本プロレスでのKENTAのバクステのコメントをまとめてみた

バレットクラブ入りしてからのKENTAのヒールっぷり、コメントっぷりが盛り上がっています。対戦相手をいじり仲間を褒めたたえて観客を煽るスタイルが定着しつつあり、最初は否定的だった新日本プロレスのファンもすっかりKENTAのコメントに注目するようになっています。 2019年6月の大阪ドミニオン大会での初登場からのコメントをまとめてみました。 KENTAのコメント集 バレットクラブ入りする前のコメント集(主にG1のとき) KENTAのコメントG1クライマックス29開幕前~KENTAのプロレスお見せします リハ ...

67view

2019/11/7

KENTAから学ぶ失敗しても新たなチャレンジを選択する勇気

新日本プロレスマットに参戦中のKENTAのコメントが面白いというを以前に取り上げました。 新日本・KENTAがヒールとなって石井を褒め殺し&ヨシハシはブス 代表的なものは「YOSHI-HASHIはブスってこと!」ですが、11月の大阪大会では本音(?)に近いことをコメントしていたことで一気にKENTAの株があがりましたので紹介します。 NEVER無差別級選手権試合は真っ向勝負 8月のロンドン大会、9月のアメリカ大会のNEVER無差別級選手権試合はバレットクラブの乱入でKENTAが勝利を収めましたが ...

537view

2019/11/7

新日本・KENTAがヒールとなって石井を褒め殺し&ヨシハシはブス

KENTAのコメントが止まらない。 バレットクラブの入ってからのKENTAは試合後のコメントが冴えに冴えています。 NEVER無差別級のベルトを手にしてからは本来のKENTAのふてぶてしさや、新日本プロレスファンに向かってブーイングをしてくれ!と煽ってみたりで逆にファンの支持率が上がってきています。 バレットクラブはジェイ・ホワイトが試合の立ち振る舞いや、試合後のコメントで注目を浴びていましたが、ここにきてKENTAのコメントも注目を浴びているので紹介します。 「彼(石井)って顔がジャニーズ系じゃない?」 ...

85view

2019/11/5

棚橋とジェリコがイッテンゴで試合するメリットはあるのか?

棚橋弘至とクリス・ジェリコのスペシャルシングルマッチが2020年1月5日の東京ドーム大会に組まれることになりました。 これで僕の予想していたライガーの引退試合は棚橋が務めるんじゃないか説は無くなってしまいました。 東京ドームでのライガーの引退試合は棚橋が努めそうになりそうな件 しかし、今更ジェリコと棚橋が絡んでどうなるんでしょうか? 棚橋はタイトルを保持していないことでイッテンヨン、イッテンゴの予定が空いていた。 11月3日の大阪大会の棚橋の試合後にクリス・ジェリコからのメッセージビデオが流れました。 そ ...

19view

2019/10/18

なぜ盛り上がらない?台風19号の後に行われたプロレスは間延びした

新日本プロレスの秋の両国大会が10月14日に行われた。 関東地方は2日前からの台風19号で大変な被害をもたらしていた中、プロレスの興業に踏み切ったわけだが、結論から言うと大会自体は非常に間延びしたように感じた。メリハリがなくダラダラとした試合が多かった印象です。 なぜ今大会のプロレスは間延びしたと感じてしまったのだろうか? 今回に両国大会では台風の影響でジョン・モクスリーとザック・セイバージュニアの両選手が欠場になりました。 それによって試合順が変わったことが原因だったと思います。ライガーと鈴木みのるが第 ...

42view

2019/10/8

年に4回タイトルマッチをやっても無冠のままのYOSHI-HASHI

10月7日(月)後楽園ホール大会でNEVER無差別級6人タッグのタイトル戦が行われました。 当初、ノンタイトル戦だったのですが、10・4高岡大会で同一カードで勝利した棚橋組が王座挑戦をアピールして決まりました。 結論から言ってしまうと棚橋弘至&本間朋晃&YOSHI-HASHI組が負けたのでYOSHI-HASHIのプロレス無冠人生は続くのでした…。 YOSHI-HASHIの王座挑戦を振り返る ここでYOSHI-HASHIの新日本プロレスでのタイトル挑戦を振り返ります。 初回はジュニアタッグ選 ...

345view

2019/10/7

【新日本プロレス】またもYOSHI-HASHIの無冠は続くのだろうか…

先日の大分別府大会のIWGPタッグ選手権試合でYOSHI-HASHIが石井とタッグを組んでタイトルに挑戦しましたが、あっさり負けてしまいました。 更には、この試合でエプロンに立っただけのKENTAに難癖をつけNEVERタイトルに挑戦するも、こちらも敗北。タッグでもシングルでも結果が残せないヨシハシ、タイトルに縁がないYOSHI-HASHIは無冠のままどこまでいくのでしょうか? YOSHI-HASHI以外に無冠の選手はいただろうか? 今、現在の新日本プロレスでヨシハシ以外の選手で無冠の選手はチェーズ・オーエ ...

248view

2019/10/4

東京ドームでのライガーの引退試合は棚橋が努めそうになりそうな件

「獣神サンダーライガーは引退します」2020年のイッテンヨン東京ドーム大会で獣神サンダーライガーが引退します。 あと3ヵ月ほどですが、ライガーの引退試合の相手は誰が努めるのか?むしろ誰だったら務まるのか?と色んな憶測がありますが、僕の予想では棚橋弘至が獣神サンダーライガーの引退試合を引き受けると予想します。というか消去法で棚橋弘至しかいない気がします。 東京ドームへのテーマが見つからない棚橋弘至 新日本プロレスのエースとして団体を引っ張ってきた棚橋弘至。イッテンヨン東京ドーム大会では2011年から6年連続 ...

132view

2019/9/24

インターコンチを失った内藤哲也は海外へ行ってしまうのか?

先日の9月22日神戸大会でジェイ・ホワイトに敗れインターコンチ王座を失った内藤哲也ですが、ここにきて海外移籍の噂が出てきました。 海外でも絶大な人気を誇る内藤哲也は新日本プロレスを退団して海外の団体へいってしまうのでしょうか? 人気のある内藤は海外から破格のオファーが来ている模様 NJPWワールドのおかげで海外のファンも増えてきた新日本プロレス。9月末もアメリカに遠征しますし、今後はもっと海外遠征が増えていくでしょう。 その中でも抜群の知名度を誇っているのはオカダ・カズチカ、棚橋弘至、内藤哲也ではないでし ...

20view

2019/9/23

2019年の新日本プロレスはバレットクラブを中心に回っている

新日本プロレスの2019年も佳境に入ってきた。 イッテンヨン東京ドームは新日本プロレスや新日本プロレスファンにとってのお正月であり、年越しなイメージがあるが、それに向かって徐々に加速度を増してきている。 毎年、去年以上の盛り上がりを見せる新日本プロレスだが、2019年はバレットクラブを中心に盛り上がりを見せているように感じる。 今や新日本プロレスの中心はロスインゴでなくバレットクラブである 去年の9月の大会でジェイ・ホワイトはケイオスを裏切って10月の両国てバレットクラブ入りしています。 2019年のイッ ...

498view

2019/9/22

ヤングライオン杯2019の結果!新日本の栄冠をつかむのは誰だ?

2017年から2年ぶりにヤングライオン杯が開催されます。 ヤングライオン杯とは新日本の若手を中心にしたリーグ戦で1985年の第1回大会から2005年まで計11回開催されており、過去の優勝者は小杉俊二、山田恵一、蝶野正洋、山本広吉、小島聡、中西学、石澤常光、鈴木健三、田口隆祐、後藤洋央紀、北村克己。 優勝者は海外武者修行に行けたり、若手トップの座を手中に収めることができます。 新日本プロレス所属の若手選手は第1試合や第2試合(いわゆる前座試合)のタッグマッチへの参加がメインイベントで、シングルマッチなど個人 ...

38view

2019/9/14

YOSHI-HASHI新日本プロレス初戴冠なるのか?IWGPタッグ

YOSHI-HASHI(以下ヨシハシ)の新日本プロレスでの初戴冠になるかもしれません。9・15別府大会でIWGPタッグベルトに挑戦します。パートナーは石井智弘。 実はこのタッグ3年前に一度IWGPヘビーのタッグに挑戦していました。タイトルマッチで敗れ、石井はその後、矢野通とタッグ王者になったので石井のパートナーは矢野の印象が強いのです。 このときの挑戦はヨシハシにとってIWGPへの初挑戦でした。CHAOSの癒し系担当とも揶揄され、G1クライマックス29に不選出になり最近勢いがないヨシハシですが、ここで初戴 ...

76view

2019/9/14

頭を打ってもNEVERのベルトは獲れるのが「KENTAのプロレス」

ロンドン大会でのNJPW WORLDの放送が始まりました。この大会で大ブーイングだったのが石井とKENTAのNEVER無差別級選手権試合でした。 【新日本プロレスワールドで、8.31ロンドン大会の配信スタート!】 ・壮絶死闘! IWGPヘビー級選手権、オカダ・カズチカvs鈴木みのる! ・ブリティッシュヘビー級選手権、ザック・セイバーJr.vs棚橋弘至! ☆登録&視聴はコチラ! ⇒https://t.co/nK0a0lXg4h#njpwRoyalQuest #njpwworld pic.twitter.co ...

116view

2019/9/10

【新日本プロレス】なぜリマッチ批判があっても繰り返されるのか?

今、新日本プロレスファンの間ではリマッチついて様々な意見が飛び交っている。賛成の意見もあれば批判的な意見も飛び交っている。 スマホとSNSを駆使して選手個人のアカウントに批判的なメッセージを送るのか?こんなにリマッチに対する否定的な意見があるなら、いっそのことリマッチを辞めたらいいのではないか?と、考えがちだが、リマッチを止めると新日本プロレスはつまらなくなってしまうだろう。 G1終了後の秋からイッテンヨン東京ドーム大会までG1のリマッチが繰り返されます。飯伏とKENTA、内藤とジェイ、後藤と鷹木、棚橋と ...

288view

2019/9/10

明日から使えるプロレスの心に響いた名言ランキング『TOP10』

プロレスラーが何度やられても立ち上がる姿にファンは勇気をもらいます。プロレスラーは常に情熱を持って生きている。 あるものは過去との決別のため、またあるものは頂上を目指すため…群雄割拠の日本プロレス界においてもがき続けるプロレスラーだからこそ心に響く名言が生まれます。 というわけで、筆者の独断と偏見で選んだ感動した名言をTOP10を発表します。 心に響いたプロレスラ―の名言ランキング 第10位「何でも知ってると思うなら、それはもうすでに死んでいるということだ。」カール・ゴッチ 言わずと知れた「プロレスの神様 ...

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.