プロレス

ジェイ・ホワイトが退団か?ベビーフェイスになるのか?

更新日:

新日本プロレスで今一番注目を浴びるニュースは「ジェイ・ホワイト退団か?」になるだろう。

個人的な見解だが、ジェイ・ホワイト選手は退団しないだろう。理由は色々あるけど、ちょっと安心材料としてニュージャパンカップのポスターにジェイ・ホワイト選手が掲載されていたからだ。

 契約がこじれている選手をポスターで刷らないと思うので、退団はしないでしょう(多分)。ただ、東京ドーム後のコメントを見て心配になった人も多いですし、僕もその中の1人です。東京ドームをきっかけに何かが変わるかもしれません。

スポンサーリンク

バレットクラブリーダー問題?

2020年の夏にEVIL選手がロスインゴを裏切ってバレットクラブ入りしてから、バレットクラブはいまいち一つになっていません。リーダーがはっきりしていないからです。もともとのリーダーであるジェイ・ホワイト選手か?と思いきや、EVIL選手はジェイ・ホワイト選手な成しえていない二冠王者になりました。

未だ一騎打ちはないですが、年末でタッグを組んだ時はジェイ・ホワイト選手がリーダーっぽかったです。ただEVIL選手もスムーズにウルフパックをしなかったりと、完全に下についたわけではないぞ!という態度に見えました。

奇しくもバレットクラブのリーダーはAJスタイルズ以降、IWGPヘビーのベルトを巻いています。ただ、リーダー以外はIWGPヘビー級チャンピオンには戴冠していません。

順序的にはジェイ・ホワイト選手、EVIL選手ですから、EVILがバレットクラブの新しいリーダーなイメージですが直接対決をしたわけではないので、もし退団せずにニュージャパンカップに臨むのであれば直接対決でケリをつけるべきではないでしょうか?

それともロスインゴのごとく「リーダーはいないスタンス」に変化していくのかもしれません。

スポンサーリンク

挨拶もなしに新日本のリングを去らないだろう

過去に新日本プロレスからWWEに挑戦していったレスラーは数多くいます。中邑真輔、KUSHIDA、プリンス・デビット、AJスタイルズ、カール・アンダーソン、ドク・ギャローズ、ケニー・オメガなどなど…。

この中でも新日本プロレスを退団する際に、ファンに挨拶なしに辞めていったのはケニー・オメガとその仲間たちだけでした。ケニー選手は己のやりたいプロレスをもっと昇華させるために、賛同していた仲間も一緒に新日本プロレスを退団させ、自らアメリカで新団体を立ち上げました。

中邑真輔、KUSHIDAは壮行試合が組まれましたし(KUSHIDAの際は特別シングルマッチ)、AJスタイルズやカール・アンダーソン、ドク・ギャローズはリング上でファンに一礼をし、コメントで新日本プロレスや日本のファンに対して感謝の意を述べました。

ジェイ・ホワイト選手はどうでしょうか?「青い目のヤングライオン」と言われ外国人でありながら新日本プロレスの寮生で這い上がってきた生粋の新日本プロレスレスラーです。大事に育てたレスラーをファンに挨拶もなしに辞めさせたりはしないと思います。

ジェイ・ホワイト選手は世界的に見ても魅力的なレスラー

ジェイ・ホワイト選手はプロレスラーとしてのIQが非常に高いと思います。派手な技や身体的に優れた飛び技を使うわけでもないですが、緩急を自在に操り、少ない技数で勝利を納めることができるレスラーです。

ですから、誰とやっても面白い試合になります。実際にSuper J-CastではWWEに移籍する確率は50%だという情報もあります。

 ニューイヤーダッシュのイッテンロクでは、石井選手の垂直落下式ブレーンバスターでピンフォールを奪われたジェイ・ホワイト選手。その後ノーコメントだったので心配する声も上がっていますが、すぐに立ち直ることでしょう。

※1/15追記

【悲報】ジェイ・ホワイトの名前が新日本プロレスの公式サイトから消える

どうなんでしょう?レスラーや解説がコメントで触れているから一安心。といった意見もありますが、ベビーターンするならばいちいちプロフィール消さずに、リング上で魅せた方が面白いと思うのです。

過去にもユニットを裏切る際には前フリがありました。内藤選手がケイオスを抜けるとき、ロスインゴに入るとき、髙橋裕次郎選手がケイオスを抜ける時、などなど、プロレスには必要なストーリーではないでしょうか?

よく言えば”ベタな展開”、悪く言えば”マンネリ”ですが、ユニットの脱退やヒールターンは”お客さんに分かりやすく魅せる”ことを大事にしているのがプロレスです。

外道選手がTシャツ変えた…、とかは匂わせなんでかね?それともガチなんですかね?

いずれは本人の口から説明があることを期待しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2021 All Rights Reserved.