スターウォーズ

『大胆予想』スターウォーズ”エピソード9”のストーリーと内容&人物

更新日:

「スター・ウォーズ/エピソード9」の主要キャストが発表されました。マーク・ハミルをはじめエピソード8『フォースの覚醒』、9の『最後のジェダイ』からの続投の出演者と共に、ビリー・D・ウィリアムズのランド・カルリジアン役での出演、『フォースの覚醒』の未使用フッテージを用いることによるキャリー・フィッシャーの出演、そして新キャストが明かされました!

スター・ウォーズ公式サイトより

現地時間の8月1日にイギリスのロンドンで撮影に入る「スター・ウォーズ エピソード9」。遂にシークエル・トリロジーの最終章、そしてスカイウォーカーサーガが一旦幕を閉じます。

主な登場人物

スポンサーリンク

「エピソード9」に続投する『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』の主要キャスト

まずは続投されるキャストの発表です。

  • デイジー・リトリー(レイ)
  • アダム・ドライバー(カイロ・レン/ベン)
  • ジョン・ボイエガ(FN-2187/フィン)
  • オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)
  • ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)
  • ドーナル・グリーソン(ハックス将軍)
  • ケリー・マリー・トラン(ローズ・ティコ)
  • ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)
  • ビリー・ラード(コニックス中尉)

ローズ役のケリー・マリー・トランは元気な姿に期待しましょう。

『最後のジェダイ』でローズ役として出演したケリー・マリー・トランは『最後のジェダイ』公開後、一部のファンからネット上での執拗な嫌がらせやバッシングを受け自身のInstagramを削除したのは記憶に新しいです。SNS時代はいいこともあれば悪い面もありますね。日本でも某社長と付き合っている女優さんがバッシングを受けInstagramを削除していましたしね。

エピソード9では元気なローズが見られることを期待しましょう!ダイエットも頑張って欲しいですね!

グェンドリン・クリスティー(キャプテン・ファズマ)の名前がない!

上記の続投キャストの中にキャプテン・ファズマを演じたグェンドリン・クリスティーが記載されていません。やっぱり死んじゃったのかな…。カッコイイ割に全然活躍していないんで、エピソード9では大活躍するもんだと思っていました。

まぁ、まだ第一段階の発表ですから楽しみにしましょう。

オリジナル・トリロジーからの出演者も発表

マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)とアンソニー・ダニエルズ(C3PO)、ビリー・ディーウィリアムズ(ランド・カルリジアン)として出演します。

霊体のルークは誰に何を語り伝えるのか…

『最後のジェダイ』で死んでしまったルークがエピソード9にも登場することが決まりましたね。霊体となっていったい何を伝えるんでしょうか?

ルーク自身もオビ=ワン・ケノービの霊体に『帝国の逆襲』『ジェダイの帰還』で導かれていました。『最後のジェダイ』では霊体のヨーダがルークに語り掛けて雷を落としたように、ルークも誰に何を伝えるか?楽しみですね。

ビリー・ディーウィリアムズ(ランド・カルリジアン)の再登場!

ランド・カルリジアンとしてミレニアムファルコンに乗り込むのでしょうか?そうすると『ハン・ソロ/スターウォーズストーリー』で活躍したL3-37と再会するかもしれませんね。チューバッカとも久しぶりの再会ですし、レイアとの絡みもあるのか楽しみですね。

某フィギアでは「フィンがランドの息子」とがっつり紹介されていました。レジスタンに加担するのか?帝国軍に魂を売るのか?どうなっているかは分かりませんね。なんせ一度裏切っていますから!

『フォースの覚醒』の未使用フッテージで、キャリー・フィッシャーが出演!

キャリー・フィッシャーの『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の撮影の際に撮られた未使用フッテージを用いる形で、レイア・オーガナが「エピソード9」に登場することも発表!

※フッテージとは…撮影済みの編集されていない「素材」としての映像のこと。

衣装や舞台設定に限りがあるんで、どんなシーンに使われるのでしょうか?しかし、凄い荒業ですが、レイアが「エピソード9」に必要不可欠だということも言えますね。オープニングクロールで処理されるかもしれなかったので、ファンとしては喜ばしいことです。

セリフの問題などはどうなるのか?CG処理で服装を変えるのか?など登場ケースは色々想像できますね。『最後のジェダイ』が遺作になったと思っていたのですが、サーガの最終章としてレイアを巨大スクリーンで観れることは感激です!

スポンサーリンク

キャプテン・ファズマ以外にもある?未発表キャスト

ファズマ以外にも『最後のジェダイ』で活躍した人物で未発表のキャストです。

  • スノーク役のアンディ・サーキス
  • キャプテン・ファズマ役のグウェンドリン・クリスティー
  • ホルド提督役のローラ・ダーン
  • DJ役のベニチオ・デル・トロ

現時点では発表されていない状態です。スノークはシス卿なので再度の登場して欲しいし、ホルド提督は死んじゃいましたかね…。DJも勿体無いですしね。これらのキャラクターは『最後のジェダイ』で迎えた展開を受けて、そのまま消えてしまうか、なんらかの形で”サプライズ登場”の可能性も十分考えられます。

「エピソード9」の音楽はジョン・ウィリアムズが担当!

スター・ウォーズと言えばこの人、ジョン・ウィリアムズが音楽を担当します。スカイウォーカーサーガの締めくくりはやはりこの人じゃないとね。

だんだんと明らかになってくる「スター・ウォーズ/エピソード9」。秘密厳守でだんだんと明らかになってくる”「エピソード9」情報”にみんなで胸を躍らせましょう!

あらすじ

まだ分かっていません!分かり次第追記予定です!お楽しみに!

感想

三部作最後の評価はどうなることか?期待ですね。

2019年4月12日にエピソード9の予告編が公開!感想!

いのうえ
遂に映像が公開されました!12月の映画の予告が2月公開って早すぎ(笑)早速振り返りましょう

呼吸を落ちかせるレイのシーンから始まり、ライトセーバーでタイ・ファイターを迎え撃つシーンから始まります。

ここで注目なんですが、右腰に銃ぶら下げていますよね。これはエピソード7でハン・ソロからもらったNN-14ブラスター・ピストルです。久しぶりに見てちょっとうれしかったです。

これはおそらくカイロ・レンでしょう。タイ・ファイターでレイ1人に体当たりするなんて結構鬼畜なことしますね(笑)。

ジャンプしながらかわすレイ。しかし、このタイ・ファイターは以前とコクピット部分のデザインが違いますね。

前作、最後のジェダイ時はコクピットが四角に近かったのですが、エピソード9では丸みを帯びています。カイロ・レンが崇拝するベイダー卿のタイ・ファイターに似ていますね。

赤はダークサイドの証なのですが、前作でスノークが死んだ(?)ことによってカイロ・レンを導く人がいないんですけど誰か指示出す人っているんですかね~。

前作で壊したマスクを修理している様子です。カイロ・レンはどんどんダークサイドに身を落としていきそうですね。前回なんてほとんど素顔しかでていなかったのに…、ルークが死んだ?ことで更にダークサイドに染まったのでしょうか?ヘルメットにラインをいれるあたり前作で患っていた中二病を引きずっているようです。

ランド・カルリジアンも登場です!ミレニアムファルコンをチューバッカと一緒に操縦していますね。元はランドの持ち物だったので”宇宙一速いガラクタ”の異名を今作でも発揮してくれるのでしょうか?期待できますね。

レイアとレイが抱き合うシーンです。このシーンについては後述します。

このメダルってエピソード4のラストにレイア姫からルークやハン・ソロに与えられたものじゃないでしょうか?

ね?絶対そうだと思いましたよ!恐らく手にしているのはレイなんですが、重要なのはこのメダルがルークのものなのか?ハン・ソロのものなのか?ということです。

BB-8の隣に新しいドロイドがいますよね。新キャラの予感です。本当にディズニーは新キャラをぶちこんできますね。エピソード8でのポーグの失敗を学んでほしいものです。でも、諦めない商魂魂も好きです。

この、「誰ひとり消え去っていない」の後に暗闇で悪そうな笑い声が聞こえるのですが、これってパルパティーンじゃないか?と皆さん予想していますね。しかも、シカゴで行われたスターウォーズセレブレーションでは、ステージ上にパルパティーン役のイアン・マクダーミドも登場したそうなので本当のシスの教皇がスクリーンに再登場するかもしれません。

エピソード6のラストにダース・ベイダーに裏切られ宇宙船の外に落ちていくシーンが最期でしたが、落ちただけであって「死んだ」シーンではないのです。エピソード8でレイアが宇宙に投げ出されてもフォースの力で戻ってきたとんでもない場面がありましたが、フォースの力で宇宙で生きていられるなら「死んでいなかったよ~ん」というオチも納得なわけです(笑)。

そして最後にサブタイトル『THE RISE OF SKYWALKER』で終わります。しかも今回のスターウォーズは青です。これってライトセーバーの色ですかね?

特報第2弾が発表されました。

レイがダークサイドに堕ちるかのようなシーンがありましたが、レイはダークサイドにはいかないですよ。その理由はこちら。

レイがダークサイドに堕ちる理由はひとかけらもないぞ【エピソード9】

スターウォーズエピソード9の予想。レイの母親はレイア?

予告編でも流れたレイとレイアが抱き合うシーン。レイは涙を流しています。

いままで、レイの母親は謎に包まれていましたが、『実はレイアが母親だった』というオチかもしれません。小説版ではレイとカイロ・レンは双子の兄妹だったので、その設定通りにいくとレイアが母親という線はあります。つまりレイもSKYWALKER家の血筋であるということです。

SKYWALKER家でしたらフォースが強いのも分かりますし、エピソード7でルークのライトセーバーを手にしたときにレイの記憶がフラッシュバックするっていうのも納得できますし、予告編で持っていたメダルもハン・ソロのものであり、「父の形見」的な意味合いが持てます。

ただ、僕はこうは思いません。

エピソード9の予想2:レイはレイアのクローンだった!?

実はレイはレイアのクローンだったんじゃないか?と予想します。クローンだからこそ幼少期の記憶がないのです。ある程度のところまでクローンでできていますからね。

ジャンゴ・フェットとボバ・フェットのようなことです。

レイアはルークが隠居したときに、いざという時のために『戦える自分』を作っていたのかもしれません。予告編でも「誰も消え去っていない」と言っていますから、ルークが死んだと思いきやレイ(私のクローン)がいるよ!スカイウォーカーは健在だよ!のアピールですよ。前作で宇宙空間から舞い戻るほどのフォースを覚醒させたレイア。残念ながら若いときにはフォースの覚醒までは至らなかったです(4.5.6.参照)。

でも、フォースは前から備わっていたわけなので…若いうちに覚醒させとけば戦えるじゃん!ってクローンを作成したのかもしれません。

ひょっとしたらレイがいっぱいいるのかも?(笑)

でもレイ=レイアだったら、ライトセーバーの件もカイロ・レンとのテレパシーも記憶がない件も上手くまとまりますよね。ルークとは兄妹になりますし、カイロ・レンはDNA的には親子になるし、ハン・ソロとは夫婦の関係になりますからね。ス

昨今のディズニー映画では女性が活躍するシーンをあえて作っているように思えます。アベンジャーズ/エンドゲームのクライマックスでも女性ヒーローだけが集結して戦うシーンがあり、あまりにもあからさまだったので思わず笑っちゃいました。

しかし「人間のクローン作る」というマッドサイエンティスな考え方も7~8年前は許容されていましたが、最近は倫理観の面で嫌われそうなのでディズニーがどうするか?と裏読みしてしまいがちです(笑)。

エピソード9の予想3:レイはアナキンの生まれ変わりだった?

副題の”ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー”つまりスカイウォーカーの復活ですから、ルークは8で死んだようにみえるし、レイアもキャリーフィッシャーが亡くなっているので、そこまで深く出演はしていないでしょう。すると、スカイウォーカーを名乗るのはあと一人、そうアナキン・スカイウォーカーだけです。

エピソード7でルークのライトセーバーをエピソード7でレイが手にした瞬間に、レイはフォースによって何かビジョンを見ました。これはレイがルークの何か関係があるのか?と匂わせていましたが、あのライトセーバーは元々アナキンが使用していたものです。よってルークのライトセーバー=アナキンのライトセーバーとも言えます。自身のライトセーバーを手にしたことでフォースに再び目覚めることになったのではないでしょうか?

Star Wars: The Force Awakens
Ph: Film Frame
©Lucasfilm 2015

実は我らがマスター、ダースベイダーことアナキン・スカイウォーカーは「フォースにバランスをもたらす者」として”選ばれし者”なんて呼ばれていました。結局のところ、シスに寝返ってしまいバランスをとるどころかシス卿に傾いてしまいました。

アナキンは母親やパドメを愛するが故にダークサイドに身を落としてしまいました。レイは肉親もなく、愛する者もいません。すなわちジェダイの騎士としては素質十分なわけです。

スター・ウォーズは三部作ごとにリンクした物語です。エピソード6の序盤でルークとレイアの兄妹関係が明らかになったように、レイの出生の秘密やカイロ・レンとの関係も明らかになると予想します。

スターウォーズの映画・動画・キャラ完全まとめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-スターウォーズ

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.