プロレス

【二冠王者】飯伏のマイク締めを考える

投稿日:

あけましておめでとうございます。

全く更新しないまま年が明けてしまいました。反省するとともに、今年はもっと記事を更新していこうと思います。(最初だけの意気込み)

2021年1月4日東京ドームのメインで、遂に飯伏幸太選手が二冠王者になりました。

G1二連覇したのにIWGPを獲れないってのはおかしいですよね。過去のG1覇者もIWGPヘビーのベルトは巻いていますしね。(※殿もいずれ巻きます。中西選手だってG1制覇してから時間かかったし…)

飯伏選手が二冠王者になったことは喜ばしいことですが、ひとつ懸念がありますよね。そう、”メインでのマイク締め”です。これからメインを張ることが多くなるチャンピオンんのマイクパフォーマンスを少し考えていこうと思います。

スポンサーリンク

プロレスのマイク締めとは?

近年のプロレス興行はその性質上、メインイベントで勝利した選手、またはチームがマイクパフォーマンスを行うことが多いです。メインで勝利してマイク締めを行わない選手は石井智弘選手ぐらいではないでしょうか?

飯伏選手も例外ではなくマイク締めを行うことが増えてくるでしょう。ここで問題なのがマイク締めキメ台詞の有無です。

棚橋選手の「愛してま~す」や、オカダ選手の「カネの雨が降るぞ~」、内藤選手の「デ・ハ・ポン」など新日本プロレスのトップ選手は各々のキメ台詞があり、リング上で叫んで終わる、ということが通例になっています。

2020年はコロナ禍の飛沫防止のため会場で声は出せませんが、いずれワクチン接種が広まり、また声援を送れるようになった際には重要なファクターとなるでしょう。

飯伏選手のマイク締めとは

新日本参戦時から二人の神(棚橋選手、中邑選手)を超えたい、と言い続け、カミゴェという必殺技まで開発した飯伏選手ですが、キメ台詞的なものはありませんでした。

2020年のG1クライマックス辺りから「逃げない、負けない、諦めない」と発言していたので、これがキメ台詞になるのかと思いきや、そのあとに「神になる」が加わってからリズムがずれる感じです。声が出せないから逆にいい感じなんですかね?皆さんはどう思いますか?

まだ、「逃げない、負けない、諦めない」の方が韻を踏んでいてリズムがいいんですが難しいですね。

イッテンヨンのマイク締め

イッテンヨンでは「本当の神になる」で締め、そしてイッテンゴでは、

ジェイ選手に勝利して「本当の神になった~」で終わりました。

神になったということで次からは使わないのかな?次回はSANADA選手と防衛戦が濃厚ですから、前哨戦で何度も当たることになり、当然メインで勝利することも増えるでしょう。

そのときに飯伏選手が何と言って締めるか見守りましょう。

個人的には鈴木みのる選手の入場時の「風になれ~」のリズムで「神になる~」が一番しっくりくるんですけど、さすがに怒られそうですね(笑)。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2021 All Rights Reserved.