プロレス

31view

2019/9/23

2019年の新日本プロレスはバレットクラブを中心に回っている

新日本プロレスの2019年も佳境に入ってきた。 イッテンヨン東京ドームは新日本プロレスや新日本プロレスファンにとってのお正月であり、年越しなイメージがあるが、それに向かって徐々に加速度を増してきている。 毎年、去年以上の盛り上がりを見せる新日本プロレスだが、2019年はバレットクラブを中心に盛り上がりを見せているように感じる。 今や新日本プロレスの中心はロスインゴでなくバレットクラブである 去年の9月の大会でジェイ・ホワイトはケイオスを裏切って10月の両国てバレットクラブ入りしています。 2019年のイッ ...

695view

2019/9/22

ヤングライオン杯2019の結果!新日本の栄冠をつかむのは誰だ?

2017年から2年ぶりにヤングライオン杯が開催されます。 ヤングライオン杯とは新日本の若手を中心にしたリーグ戦で1985年の第1回大会から2005年まで計11回開催されており、過去の優勝者は小杉俊二、山田恵一、蝶野正洋、山本広吉、小島聡、中西学、石澤常光、鈴木健三、田口隆祐、後藤洋央紀、北村克己。 優勝者は海外武者修行に行けたり、若手トップの座を手中に収めることができます。 新日本プロレス所属の若手選手は第1試合や第2試合(いわゆる前座試合)のタッグマッチへの参加がメインイベントで、シングルマッチなど個人 ...

60view

2019/9/14

YOSHI-HASHI新日本プロレス初戴冠なるのか?IWGPタッグ

YOSHI-HASHI(以下ヨシハシ)の新日本プロレスでの初戴冠になるかもしれません。9・15別府大会でIWGPタッグベルトに挑戦します。パートナーは石井智弘。 実はこのタッグ3年前に一度IWGPヘビーのタッグに挑戦していました。タイトルマッチで敗れ、石井はその後、矢野通とタッグ王者になったので石井のパートナーは矢野の印象が強いのです。 このときの挑戦はヨシハシにとってIWGPへの初挑戦でした。CHAOSの癒し系担当とも揶揄され、G1クライマックス29に不選出になり最近勢いがないヨシハシですが、ここで初戴 ...

105view

2019/9/14

頭を打ってもNEVERのベルトは獲れるのが「KENTAのプロレス」

ロンドン大会でのNJPW WORLDの放送が始まりました。この大会で大ブーイングだったのが石井とKENTAのNEVER無差別級選手権試合でした。 【新日本プロレスワールドで、8.31ロンドン大会の配信スタート!】 ・壮絶死闘! IWGPヘビー級選手権、オカダ・カズチカvs鈴木みのる! ・ブリティッシュヘビー級選手権、ザック・セイバーJr.vs棚橋弘至! ☆登録&視聴はコチラ! ⇒https://t.co/nK0a0lXg4h#njpwRoyalQuest #njpwworld pic.twitter.co ...

333view

2019/9/10

【新日本プロレス】なぜリマッチ批判があっても繰り返されるのか?

今、新日本プロレスファンの間ではリマッチついて様々な意見が飛び交っている。賛成の意見もあれば批判的な意見も飛び交っている。 スマホとSNSを駆使して選手個人のアカウントに批判的なメッセージを送るのか?こんなにリマッチに対する否定的な意見があるなら、いっそのことリマッチを辞めたらいいのではないか?と、考えがちだが、リマッチを止めると新日本プロレスはつまらなくなってしまうだろう。 G1終了後の秋からイッテンヨン東京ドーム大会までG1のリマッチが繰り返されます。飯伏とKENTA、内藤とジェイ、後藤と鷹木、棚橋と ...

904view

2019/9/10

明日から使えるプロレスの心に響いた名言ランキング『TOP10』

プロレスラーが何度やられても立ち上がる姿にファンは勇気をもらいます。プロレスラーは常に情熱を持って生きている。 あるものは過去との決別のため、またあるものは頂上を目指すため…群雄割拠の日本プロレス界においてもがき続けるプロレスラーだからこそ心に響く名言が生まれます。 というわけで、筆者の独断と偏見で選んだ感動した名言をTOP10を発表します。 心に響いたプロレスラ―の名言ランキング 第10位「何でも知ってると思うなら、それはもうすでに死んでいるということだ。」カール・ゴッチ 言わずと知れた「プロレスの神様 ...

41view

2019/9/9

鈴木みのるとライガーの因縁深まるシングルマッチ早期実現か?

英国でのRoyal Quest大会でオカダの持つIWGPヘビーのタイトルに挑戦し、惜しくも敗れた鈴木みのるがやってくれました。 9月6日後楽園ホールで自身の試合の入場時に、サムライTVの解説席に座っていた獣神サンダーライガーを襲いました。さすがプロレス界の王です!やってくれました。これは誰もが予想しなかった展開なのではないでしょうか。 入場時にライガーを襲う鈴木みのる この日のメインは「棚橋弘至&田口隆祐vsザック・セイバージュニア&鈴木みのる」でした。普通なら大分大会での棚橋とザックの前 ...

1,228view

2019/9/2

ついに鈴木軍解散か?ボスがいるユニットに所属する選手は扱いが難しい

8月31日英国で行われたIWGPヘビー級選手権試合において、鈴木軍の”ボス”鈴木みのるがオカダ・カズチカの前に敗れ去りました。 “壮絶死闘”にロンドンが大熱狂! オカダが鈴木を沈めて、IWGPヘビー“V3”達成! 次期挑戦者にはSANADAが名乗り! ☆8.31カッパーボックス大会をスマホサイトで詳報中!https://t.co/zFd9XBQlSV#njpwRoyalQuest #njpw pic.twitter.com/bf6GcfGGYs — 新日本プロレスリング株式会社 (@njpw1972) A ...

1,532view

2019/8/28

海野翔太はジョン・モクスリーに弟子入りして海外武者修行入り?

先日の大阪ドミニオン大会の第一試合で海野翔太vsジョン・モクスリーの試合が組まれました。試合の方はジョン・モクスリーが圧倒して危なげなく勝利しましたが、バックステージのコメントでは「海野翔太を弟子にする」と発言がありました。 Replay 'DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL' (Jun 9th, 2019) post-match videos on #NJPWWorld!! Watch FREE▶︎https://t.co/Tj7UBJ4PjP #njpw 6月9日 ...

127view

2019/8/20

鈴木みのるはイギリスでIWGPヘビーの最年長王者になる

G1クライマックスにエントリーされず、G1期間中はノーコメントを貫き通した鈴木みのるが、G1決勝が行われた8月12日に現IWGPヘビー級王座のオカダ・カズチカを破り、IWGPヘビー級へのタイトル挑戦をアピールし、挑戦が決まりました。 ラ・ミスティカからスリーパー、そしてゴッチ式パイルドライバーで完全勝利でしたね。その後マイクアピールもあり翌日に新日本プロレスイギリス大会でIWGPヘビー級選手権試合が組まれました。 そしてイギリス開催は鈴木みのるに圧倒的有利です。これはIWGPヘビーのタイトルが移動し、最年 ...

23view

2019/8/16

飯伏が提案した東京ドーム2連戦のタイトルマッチは実現するのか?

飯伏幸太の初制覇で幕を閉じた「G1クライマックス29」の翌日の記者会見で驚きの発表がありました。 イッテンヨン「レッスルキングダム」で”IWGPヘビー級王座”に挑戦する。翌日には”IWGPインターコンチネンタル王座”に挑戦する!という提案をしました。 権利証に関しては「G1クライマックス29」で敗北したKENTA選手、EVIL選手と対戦し、勝ったうえで上記の内容はどうだ?と言うわけだ。飯伏幸太の天真爛漫さをまざまざと見せつけた提案でしたが、この天然さが内藤哲也が嫉妬するところであり、飯伏幸太の最大の魅力な ...

860view

2019/8/16

新日本プロレス「レスリングどんたく2020」の開催が危ぶまれている件

今年も行って参りました。レスリングどんたく2019の2日目。昨年から2日連続の開催となった『レスリングどんたく』ですが、福岡県内に住んではいますが、2日間も通うのは正直しんどいよ!ってことで初日は久留米市内のお好み焼き屋さんでLiveビューイング。 総勢10人で観戦しました。そしてレスリングどんたくの2日目は現地観戦へ レスリングどんたくの席配置が変更してました。 今年は8人総出で行きました。グッズ売店前でYOH、SHOとのポスター前でパシャリ。#完全にnext のハッシュタグでインスタに投稿するとSHO ...

263view

2019/8/13

G1決勝の舞台でKENTAの裏切りは過去最高のものでした。

KENTAさん、すいません。あなたは最高のプロレスラーでした。 過去にKENTAはしょっぱいとか、試合が盛り上がらないとかうだうだ言っていたことをあやまります。 どうしたKENTA?反骨の蹴撃手の逆襲に期待!G1クライマックス29 結局KENTAは新日本プロレスに何しに来たんだ?という件 しっかり因縁をつくってくれましたね! 突然の裏切りに場内は大ブーイング 8月12日G1クライマックス29決勝戦が行われる日の第7試合に石井智宏、YOSHI-HASHIらと「バレットクラブ(BULLET CLUB)」との3 ...

455view

2019/8/10

結局KENTAは新日本プロレスに何しに来たんだ?という件

G1クライマックスも終盤になり、Aブロック、Bブロック共に決勝進出者が絞られてきました。 Aブロックはオカダと飯伏が最終戦で当たり、オカダは勝ちor引き分け、飯伏は勝てば決勝進出になりました。 Bブロックは混戦です。4人が10点で並んでおり、内藤とジェイは直接対決を残しています。仮に内藤が勝利しても、ジョン・モクスリーが勝てばジョン・モクスリーですし、後藤まで勝利すれば勝ち点12で3人並び、ジョン・モクスリーは内藤に、内藤は後藤に、後藤はジョン・モクスリーに勝っているので三つ巴になるので決勝進出決定戦が行 ...

161view

2019/8/7

SANADAがオカダに勝ったけどロスインゴに残るべき理由

8月3日の大阪大会メインイベントで遂にSANADAがオカダから初めて勝利しました。 なんと残り13秒! SANADAがオカダの連勝をストップ! ライバルから執念の初勝利! 飯伏が棚橋を下して“神越え”達成! 破竹の5連勝!! ※8.3『G1』大阪大会を新日本プロレスのスマホサイトで独占詳報中! ⇒https://t.co/sgPAymDjfu#njpw #g129 pic.twitter.com/sgkuicPyt9 — 新日本プロレスリング株式会社 (@njpw1972) August 3, 2019 ...

34view

2019/8/2

遂にオカダが新日本プロレスのエースになってしまった件

G1クライマックス高松大会の『オカダ・カズチカvsランス・アーチャー」の試合を観ていましたが、遂にオカダが新日本プロレスのエースになってしまいました。 え?もう実質エースだろ?って感じている人もいますが、自他共に認める”エース”が新日本プロレスには1人いますからね。しかし、今回の件でエース交代の日も近いかもしれません。 G1クライマックス29高松大会第7試合での出来事 第7試合は「オカダ・カズチカvsランスアーチャー」の試合で、ランスは負けると決勝進出は不可能になる大事な一戦でした。序盤からパワーでオカダ ...

582view

2019/7/20

後藤洋央紀はLA DOJO(ラ・ドホ)に改名するしかないのか?

『G1クライマックス29』が絶賛開催中です。我らの殿こと”荒武者”後藤洋央紀は開幕戦で優勝候補のジェイ・ホワイトに劇勝しました。 しかし、その後はジュース・ロビンソンにあっさり負けてしまい、 「おや、修行の成果は?」 「後藤の修行成果は長続きしない、付け焼刃」(ライガー) などと酷い言われようでした。 しかし、G1はまだ始まったばかり殿の成績も1勝1敗なので、まだまだ優勝の可能性もあります。殿の第3戦は「内藤哲也」でした。 後藤のコスチューム変化に早速くいつく内藤哲也 G1シリーズから後藤は入場時に「LA ...

217view

2019/7/19

新日本プロレスの棚橋弘至(エース)を受け継ぐのはタイチかもしれない件

G1クライマックスに初参戦のタイチが時期エースになる日も近いかもしれません。少なくとも僕はそう思っています。 G1に参戦してから、という訳ではないのですが、タイチは対戦相手との前哨戦、舌戦が非常に上手い印象です。前哨戦のリング上でも、試合後のコメントでも、SNS上でも対戦相手をしっかり煽っていきます。 相手を煽ることによって注目度をあげ、ファンの期待感を挙げてくれているのです。相手との関係性や敵対感を演出するのが非常に上手く、棚橋弘至に通ずるものがあると思います。 ひょっとしたらエースの称号はタイチが受け ...

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2021 All Rights Reserved.