プロレス

新日本・KENTAがヒールとなって石井を褒め殺し&ヨシハシはブス

更新日:

KENTAのコメントが止まらない。

バレットクラブの入ってからのKENTAは試合後のコメントが冴えに冴えています。

NEVER無差別級のベルトを手にしてからは本来のKENTAのふてぶてしさや、新日本プロレスファンに向かってブーイングをしてくれ!と煽ってみたりで逆にファンの支持率が上がってきています。

バレットクラブはジェイ・ホワイトが試合の立ち振る舞いや、試合後のコメントで注目を浴びていましたが、ここにきてKENTAのコメントも注目を浴びているので紹介します。

「彼(石井)って顔がジャニーズ系じゃない?」

「本人もちょっと意識しているでしょ?そういうところあるじゃない?」

「何か立ち振る舞いとかちょっとイケメンっぽい何かそういう自分を自覚してるところもあるし。あと会社も推してるでしょイケメン方向で、あのSHO、YOH、TOMO、3人で何かイケメンのグループ作ろうとかって垣間見えてね。で、本人も、TOMOも満更じゃない感じが嫌だよね。」

と、完全に石井にイケメンのレッテルを貼ってしまうKENTA。

少なくとも僕にはジャニーズ系には見えないのですが、よくよく見ると目もクリッとしていてまつ毛も長いので、その辺りをジャニーズ系と呼んでいるのかもしれません。

タイトルマッチの挑戦者を煽りストーリーを作ることってプロレスではよくありますが、挑戦者を褒めて”おちょくる”という新しいスタンスを見つけたみたいです。試合後はめちゃくちゃぶつかり合っているんですけどね(笑)。

KENTAはジャニーズ系は好きじゃなくて、YOSHI-HASHIは好きみたいです(笑)

「で何でYOSHI-HASHIが嫌いになれないかなって思ったけどあいつブスじゃない。だから何か、何かどうにも嫌いになれないんだよね、多分。だってあいつブスじゃない。だからそれだよね。何が言いたかったかっていうと、YOSHI-HASHIはブスっていうこと、以上。」

次のシリーズからも、「萌えー!カッコよかった」などと石井をほめ殺しに入っていますしね。

 わざと「石井、いやTomoが!」と言いなおし、ファンにブーイングを要求しています。そしてオチは安定の「YOSHI-HASHIはブスっていうこと」と締めくくるところが優しさなのでしょうか?

次の日は石井の声をいじっています。

元々人気のあるレスラーでしたし、G1最終日に柴田を裏切ってバレットクラブ入りしたときがブーイングのピークだったのですが、コメント力が高ければどんどん人気が出てくるのは間違いありません。

連日ノーコメントのYOSHI-HASHIは石井とKENTAのセコンドには付くんでしょうか?あれだけ介入にやられたので次回はやり返して存在感を出してほしいですね。

ただ、NEVER無差別級タイトルマッチが終わった後に次は誰が挑戦するのか?という点です。

NEVERの次の挑戦者は?

KENTAが防衛した場合、シングルのベルトとして狙ってくるのはケイオスのウィル・オスプレイではないでしょうか?ジュニアのベルトを持ってはいますが、今年のイッテンヨンでは飯伏幸太に挑戦してNEVERに戴冠しています。

YOSHI-HASHI、石井とやられた後にケイオス勢が挑戦するのもアリかもしれません。

石井がNEVERを獲った場合はどうでしょうか?対戦相手はタイチ、鷹木、内藤…と沢山います。タイチと内藤は一騎打ちが組まれていますし、勝った方がインターコンチに挑戦する流れかもしれません。

その場合、ヘビーに転向した鷹木が挑戦表明をするかもしれませんね。ただ、鷹木も鈴木みのるとやりあっていますので、鈴木みのるとの戦いが終わり次第ってところかもしれません。

鈴木みのるはNEVERには興味なさそうですしね。ザックと組んでタッグベルトを狙いにいってほしいですね。

スポンサーリンク

KENTAの本領発揮

とにもかくにもG1であれだけファンから叩かれていたKENTAが遂に実力を発揮しだしたことは嬉しいです。

最近のバレットクラブはヒール感満載で新日本プロレス内でもいい位置づけをしています。KENTAは日本人ヘビーのエースとして来年はインターコンチやIWGPヘビーのベルトに絡んできそうな予感がしますね。

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.