プロレス

『博多HMV』新日本プロレス展に行ってきた/レスリングどんたく

更新日:

2017年10月より東京、名古屋、仙台で開催された「新日本プロレス展」が、今度は福岡県福岡市博多区のHMV&BOOKS HAKATAでもやっているってことで博多まで行ってきました。

『新日本プロレス展』は、新日本プロレスが2018年5月3日(木)、4日(金)に開催する「濵かつ Presents レスリングどんたく 2018」を記念した企画展です。このポスターは博多だけのオリジナルデザインです。

スポンサーリンク

新日本プロレス展は福岡のどこでやっているの?

福岡県福岡市博多区のHMV&BOOKS HAKATAはどこにあるのか調べると、博多マルイの6Fにありました。

普段は久留米市内にいることがほとんどの私。久留米から行くとなると…

電車と徒歩でおよそ一時間。「ゴールデンウィークで激混みの博多か…」と覚悟しながら息子を連れていきました。いつもは車移動の田舎者もゆったり電車移動です。

スポンサーリンク

「新日本プロレス展」会場入り口

会場入り口には大きいパネルがあります!これは2018年5月3日&4日開催の「レスリングどんたく」特別デザインです。

中心に描かれている選手が新日本プロレスの中心人物です。今はやはり内藤選手とオカダ選手でしょう。滾る気持ちを抑えながら500円払って入場です(未就学児無料)

ライオンマークのお出迎えです。

入ってすぐにサインパネルが飾ってありました。左上がケニー・オメガ選手でその斜め下の「GO ACE」が棚橋選手、右下には2018年1月4日に開催されたレッスルキングダムSPアンバサダーであるSKE48の松井珠理奈さんのサインがありました。

「100年に1人の逸材」棚橋選手のサイン

プロレスにガッツリハマってしまったSKE48の松井珠理奈さんのサイン。当時はハッシュタグ#プロレスコーデが話題になっていました。若い人たちにプロレスの魅力が伝わるといいですね。


展示会内では選手入場曲がエンドレスで流れてるのでテンションは高めです。

「G1クライマックス」歴代優勝者パネルと選手等身大のパネル

夏に行われている「G1クライマックス」の歴代優勝者のパネルが飾られています。

僕が初めてG1クライマックスの決勝戦を観に行ったのは棚橋選手が優勝した2007年でした。

棚橋選手の等身大パネル。隣りに手形があって手を合わせられます。ちなみに棚橋選手のコスチュームではお腹の部分が空いていますが、これはチャンピオンベルトを腰に巻いたときにしっくりくるようなデザインになっています。

髙橋ヒロム選手のパネル。ジュニア選手(体重100キロ以下)で171cmです。意外と小さいですが体重88キロ。僕は身長176cmで66キロなのでプロレスラーの身体はバケモノです。体重20キロ増やすって想像もつきません。

後藤洋央紀選手。このポーズは滝行のときに精神統一で使っていたポーズなのでファンの間では「滝る」(たきる)として有名です。皆さんも気合いを入れたいときにどうぞ(笑)

今や新日本プロレスの顔となった内藤哲也選手。5歳の息子もキャップを買ってポーズをまねるほどのカリスマぶり。ちなみに目を開いているポーズはメキシコ遠征中に観客に向かって「目をよく開いて俺を見とけよ!」といったアピールです。

選手コスチューム&トロフィーなどの展示

選手コスチュームが並んでいます。実際に過去使用したものが飾られているのですが、マッチョなマネキンってないんですかね?みんな細くみえるのでいかにプロレスラーが大きいかわかりますね。

オカダ・カズチカ選手のコスチューム。オカダ選手がデカいのか?(身長191cm)マネキンが小さいのか(笑)。触れてはだめなんですが、結構いい匂いがします。これから行く方は匂いをチェックしてみてください。

トロフィーやマスクが展示されています。

 

内藤選手が蹴りまくり投げ散らかした「IWGPインターコンチネンタルチャンピオンベルト」よくよく見ると金具が壊れまくっています。テレビやネットで見ると綺麗な白色のベルトですが、近くで見ると結構汚れています。選手達の血と汗が染みこんでいるんですね~。

レプリカベルトと実況席

実況席ブースと写真撮影ポイントです。

実況席ブースの隣には、IWGPヘビー級チャンピオンベルトが!

写真の奥が2代目で、手前が4代目(現行)のチャンピオンベルトです。

近くで見ると重厚感のある佇まいで、持ってみると結構重いです。3~4キロぐらいあるんではないでしょうか?

5歳の息子も両手じゃないと抱えきれないです。

僕も撮ってもらいました。5歳児に撮影を頼むとなかなか綺麗に撮れなくて大変でした。腰に巻いて写真をとりたかったのですが、僕のウエストが細くて全然巻けなかったです。

ヘッドセットでモニターに映るプロレスの試合の実況ごっこができます。

テンションが上がってしまいレインメーカーポーズも繰り出し、この後20分ぐらい試合を見続けてしまいました。お昼ごろに入店したため僕らの他にお客様はおらず、結構好き勝手していましたが、福岡国際センターで試合がある5月3日&4日は混み合うでしょうね

カネの雨が降るぞ~!

カネの雨が降るなかで写真が撮れるスポットを発見!

これは流行りのインスタ映えってやつですね。

お土産でレインメーカードルメモ帳を購入して帰りました。

カネの雨が降るようにいっぱいメモとります。

まとめ

凄い混んでいるかと思っていたら、案外空いててラッキーでした。5月13日(日)まで博多マルイ6Fで開催されています。5月3日&4日は福岡で試合が開催されるので混むことが予想されます。

なお、写真撮影はOKですが、動画撮影はNGです。1人で行ってもいいですが、中にスタッフがいないので写真撮影をするなら誰かと一緒にいけるといいですね。ベルトが重いので片手でもって片手で写真撮るのは至難の業です。

また、店内には新日本プロレス展だけのスペシャル動画が放映中なのでチェックしたい方はぜひお立ち寄りください。

それではプロレスファンの皆さん!愛してま~す!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.