プロレス

帰ってきたジェイ・ホワイトが目指すもの

投稿日:

2021年のイッテンゴで行われた二冠戦後に「もう嫌だ、やめだ、辞めてやる…」とコメントし、新日本プロレスホームページからプロフィールが消えたジェイ・ホワイトが2月1日にセルリアンブルーのマットに帰ってきました。退団決定的だろ!とか言っててごめんなさい。

ベビーターンもすることなく、新ユニットを作るわけでもなく、ヒールとしてキングとして帰ってきてバックステージで大いに語ってくれました。

スポンサーリンク

ジェイ・ホワイトが目指すもの

ジェイホワイトのコメント。

ジェイ「お前ら誰も忘れていないだろうな……まだ俺の時代は終わっていない! プロレス界は俺のものだ。それが、ザ・リアル・エラだ! 俺はまだもちろんバレットクラブのメンバーだ。ここにいる俺たちこそが正真正銘のバレットクラブだ。パクリの、Tシャツ売ることしか頭にない再結成で浮かれてる連中とは違う。でも、お前らはどうせあいつらのグッズを買うんだろうな? 本物のバレットクラブとは何なのか教えてやろう。俺たちは常に変化しながら大きくなっていくユニットだ。過去の思い出に囚われることはない。

それでこれから俺が何をするのか知りたいのか? さっき見て分からなかったのか? イシイ! 俺の狙いはお前だ。トーキョードームで敗れて、俺は自信喪失した。あの時の俺は正気ではなかった。

トーキョードーム後のコメントが上がってから、”ジェイはどこへ行った?”ってSNSでえらく話題になってた。本音を言うと、俺はもう自分は終わったと思っていた。これ以上ないチャンスをものにできなかった自分を責めていた。 だが、俺は目覚めた! 俺は何も間違っていなかったとやっと気づいた。俺はまだDESTINOを手にし、神にだってなれる。全ては俺の行く手を阻んだあいつのせいだ。チビでデブのあのハゲ、イシイ! イシイ、お前のせいだ! お前を『G1』で潰しておけばよかった! 今度こそあのピットブルの息の根を止めてやる!

新日本、俺は戻ってきたぞ! どこへも行かない! これは俺の時代だ。ザ・リアル・エラ! 新日本、至急、明日の試合カードを変更しろ! イシイが出るタッグマッチに俺も組め。俺の言いたいことは以上だ。イシイ、お楽しみはこれからだ。新日本プロレス

これを受けて早速翌日のカード変更がありました。

G1クライマックスで敗れ、イッテンロクでも敗れた石井選手を倒しすことを復活の足掛かりにしているようです。

海外でのバレットクラブ復活Tシャツを偽物だとこき下ろし、本物は俺(リアル・エラ)だとキングらしい発言です。バレットクラブは辞めていないようですし、海外の元バレットクラブをこき下ろすコメント、石井選手を襲撃する速さ、ビジュアル、どれをとってもバレットクラブのリーダーは ジェイ・ホワイト以外は考えられないですね。

オカダとの対決をダラダラ見せているEVILと役者の違いを見せつけた格好でした。

石井選手を倒した後は、鈴木みのるとの抗争でしょうか?なんにせよ、2021年の新日本プロレスは良くも悪くもジェイ・ホワイトが中心になっていきそうです。

スポンサーリンク

ジェイ・ホワイトはバレットクラブというヒールの立ち位置をどうするのか?

現在、新日本プロレスにはユニットが乱立しています。本隊以外にはCHAOS、ロスインゴ、バレットクラブ、鈴木軍、UNITED EMPIREです。

このうち、バレットクラブ、鈴木軍、UNITED EMPIREは反則、乱入などヒールユニットですが、どれも同じようなやり口なので差別化が難しくなってきています。

ベビーフェイスやヒールなんて分けることがナンセンスかもしれませんが、最近のヒールユニットの在り方がどれも同じに見えてしまっているのではないでしょうか?

2月1日の後楽園は公式ホームページによると客数が557人(2019年の同時期は1600人超え)でした。緊急事態宣言で不要不急の外出が叫ばれていますが、全盛期の三分の一は少し寂しい感じがします。

似たり寄ったりのユニットの中で、違いを出せるのはリーダー次第です。鈴木軍には鈴木みのるという絶対的ボスが存在することで実力派がそろっています。ぜひともジェイ・ホワイトには他のユニットに負けない色をバレットクラブに付けて欲しいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2021 All Rights Reserved.