プロレス

【新日本プロレス】タイチの解説力とミラノさんのツッコミ力

投稿日:

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26も公式戦を各ブロックあと2試合ずつを残して、決勝進出者はAブロック「石森太二」「鷹木信悟」、Bブロック「田口隆祐」「ウィル・オスプレイ」の4名に絞られました。

驚くべきはこの4人とも現在「無冠」である、ということです。チャンピオンは狙われる立場なので優勝は難しい…というのがリーグ戦の定石なのですが1人も残っていないのは少し寂しいですね。

私の予想は田口監督です。

スポンサーリンク

プロレスの解説とはいかに?

今年から毎年NJPWWORLDは全戦生中継で全試合実況解説付きになりました。去年までは生中継の日もあったり、試合日の深夜に更新されたり、定点カメラで実況や解説もない、こともあったのを考えるとかなり見やすくなりました。

その分費用も掛かりますが、お客様により良いものを提供するために投資する姿勢は、同じ経営者として頭が下がります。僕も頑張ります。

今年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26の解説者と言えば「ミラノコレクションA.T.」さんです。

 ミラノさんといえば2007年にベスト・オブ・ザ・スーパージュニア14にて初出場初優勝を遂げた伝説のレスラーです。解説の仕事となると、この技はどこに効いているのか?身体の使い方、などプロ目線での説明が求められる現場ですので、元プロレスラー、しかも階級もジュニアなので現役選手の気持ちも痛いほど分かる喋りで人気です。

今回のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26では初出場の選手が多く、NJPWWORLDに入会している人=新日本プロレス大好きな人、もよく知らない選手の説明を毎回丁寧にしているのには頭が下がります。

スポンサーリンク

タイチが解説席に座ることが多かったベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26

エル・デスペラードの欠場に伴い、タイチが連れてきた「DOUKI」。タイチはDOUKIの相方としてベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26の前半戦にDOUKIと組んで試合をしていました。

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアのシリーズ中は後半は公式戦となるため、公式戦から”邪道”、”獣神サンダーライガー”とビッグネームがゲスト解説を務めていました。タイチは青森大会の2日目から解説席に呼ばれるようになっていましたね。

解説初戦が地元青森出身の成田蓮の試合でしたが、会場は成田コールとプラカードでの応援がすさまじかく、その様子を見て「仕込みだな」と一蹴する始末。すかさず「地元だからだぞ!」。「クソ田舎じゃねぇか!」「やめろ!石狩(タイチの出身地)も田舎だろうが!」などかなり息の合った話術を披露してくれてました。

他にも「石狩太一」の名づけ親が橋本信也だったことや、TAKAみちのくの腕の極め方がザックのやり方だ、とか現役選手ならではのプチ情報も面白さを倍増させてくれています。

以前から、この二人の掛け合いは注目されていましたが、まだまだ健在のようです。

ユニオーネ再来!?ミラノさんのツッコミがタイチを最大限に生かす

タイチは解説中にかなり自由にしゃべっています。こいつ人気ねーな、まだ細いな、○○を狙え、などまさにプロレスファンの会話をそのまま表現しているかのようです。

ただ、試合も中盤になると技の極まり具合だったり、今がチャンスだな、これは極め方がえぐい、など注目ポイントを教えてくれます。今回もSHO選手が”耳がわいた”状態で耳にテーピングしている状態を見て「高校生か?」「耳がわくとくせーんだよ」と経験者ならではのコメントが光ります。

その他の解説者ではなかなか触れない部分でもあるので新鮮です。

更に、タイチがミラノさんの後輩になるのでどんどんツッコミを入れるところが「タイチ×ミラノコレクションA.T.」の人気を博しているのでしょう。仮に先輩だとしたらあんなにツッコめないですよね。

そういった意味でもミラノさんも生き生きしているように見えますが、本人はタイチはもう来なくていいとコメントしていますが、SNSでやり取りしている様子は楽しそうですね。

 タイチはスマホサイトでの日記もウィットに富んでおり、選手日記でも1,2位を争うほどの人気です。他人が面白いな、と感じるものを生み出せる選手は試合の組み立てが上手い印象です。

棚橋、YOH、田口監督、タイチは日記の構成が上手なので読んでいて面白いです。そしてこの4人は試合構成が上手いし、相手のいいところを引き出すことが抜群にうまいので盛り上がります。プロレスラーが勝った負けたで試合をしているんじゃないんだ!という点では4人が長けていると思います。ぜひ今後もタイチに解説をして欲しいし、他の3人の解説も聞いてみたいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.