プロレス

後藤洋央紀はG1で復帰!修行➡覚醒➡G1制覇の道が見えた!

更新日:

先日の大阪城ホール大会でのインパクトが強すぎて、元々薄まりつつあった存在感が風前の灯になっている我らが殿こと後藤洋央紀。

「探さないでください」#打倒ジェイホワイト と呟いてから姿を見せず、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26の優勝決定戦の両国国技館、ドミニオン大阪城ホールにも登場せず、これから始まるKIZUNAロードのカードにも名前はありません。これは相当ハードな修行をしているのでしょう。

2019年再び修行の旅に出た後藤洋央紀。成るか?荒武者革命

修行したままG1にエントリーされないってこともあるのでしょうか…?

スポンサーリンク

後藤がG1にエントリーされないかも?

後藤洋央紀がG1にエントリーされないかもしれない理由が多々ありますのでつらつらと書いていきます。

G1にエントリーできない理由その①キャラ被り

後藤と言えば「混沌の荒武者」がキャッチコピーですが、この”武者感”というか佇まいがロスインゴの鷹木と若干被っています。

大きい数珠を首から下げ、トレードマークである龍のマスクを着け、ロングガウンも龍をあしらった和風であり、髪を振り乱しながら真っ向勝負のパワーファイトであることも若干キャラが被っています。しかも、そんな鷹木の方がベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26で全勝で予選を突破し、G1参戦をアピールしており、今や新日本プロレスの話題の中心の1人となっており、存在感では旬を迎えているでしょう。

更に、オスプレイが鷹木信悟、ドラゴン・リーを下すために自らを”ドラゴンスレイヤー”と名乗り、両国国技館の優勝決定戦に日本刀を持って入場しちゃいました。

カッコよすぎるでしょう。しかも鷹木にもドラゴン・リーにも勝利しちゃったのでオスプレイ=日本刀のイメージが定着しそうですね。

いのうえ
YOSHI-HASHIの棒やEVILの鎌と比べても段違いに殺傷能力が高そうです。

G1にエントリーできない理由その②2018年のG1では勝ち点6の最下位だった

去年の星取表なんですが、このとき後藤はNEVER王者だったわけですからね。しかも後藤はG1に初出場初優勝の記録も持っていますし、2年前はケニーとの優勝決定戦まで勝ち進んでいる実力者です。たった2年でここまでになるとは…。新日本プロレスの進化のスピードが凄すぎますね。

最下位でもインパクトのある試合があればいいんですが、勝ったのは反則ざんまいの矢野、反則勝ちのタマ、唯一誇っていい白星はSANADAでしたがSANADAも丸腰。

普通、チャンピオンに勝ったら防衛戦を次のシリーズでやるもんなんですが、挑戦者は現れず(魅力がない…?)G1に落選したタイチが最終日に挑戦表明するオチ。しかも普通に負ける。

G1にエントリーできない理由その③『GTR』という必殺技が地味

後藤がCHAOSに入ってから使い始めたGTRというフィニッシュホールドですが、見た目は超地味です。以前は『昇天・改』というプロレス界のなかでも群を抜いて”派手・インパクト・豪快”の三拍子そろっていたのに、全く出番がなくなってしまいました。

ちなみにこれが『GTR』(なんの略かは定かではない…一説によると”GoToRevolutionという噂がありますが、本人曰く「特に意味はありません」とのことなので意味はありません。)

わかります?”オー!”と”あー”の差(笑)。要するに試合後に「スゲー!」ってなりにくいフィニッシュホールドなんですよね。他の技はカッコいんですよ!顔もイケメンだし、身体つきもいいのに…。

G1にエントリーできない理由その④盟友柴田勝頼が違う選手推薦しちゃった

 プロレス界でも唯一無二の「高校の同級生」だった柴田がKENTAを連れてきちゃいました。高校の同級生タッグなんて滅多に出ないプロレス界でした。あのときもうだつが上がらなかった後藤を鼓舞し、引き上げてくれた柴田でしたが何を血迷ったのかCHAOS入りしてしまいました。

柴田が新日本プロレスに継続的に参戦するようになったら、後藤とタッグを組んで上まで上り詰めて欲しかったのです。

しかし、白塗りIWGP戦から後藤は柴田を裏切りCHAOS入り、柴田は2年後ニュージャパンカップを制してIWGP戦で怪我をして実質引退になっている現状。それでも後藤と柴田はどこかで繋がっているかと信じていたのですが…。

G1にエントリーできない理由その⑤いまだに打倒ジェイ・ホワイトな件

昨年、NEVERのタイトルをタイチに奪われてしまったのは痛かったのですが、これを機にインターコンチやIWGPヘビー級戦線に食い込んで欲しいというファンの想いを無下にして再びNEVERに挑戦する始末。

それも飯伏に奪われてしまい、飯伏はオスプレイにやられても、ニュージャパンカップで内藤との因縁からインターコンチまで手に入れる出世ぶり。後藤はニュージャパンカップの1回戦負けでMSG大会でも第0試合で特に目立てず…。復活をかけて臨んだジェイ・ホワイト戦でも負けてしまいました。

そして修行に出てしまいまいしたが、そもそもジェイも丸腰なんですよ。だから狙ってもしょうがないんです。

ただ、ジェイ曰く、「MSGを完売させたのは俺だ!」と言っていますから、その言葉通りを受け止めれば噛みつくのは良い相手です。しかし、ジョン・モクスリー、クリス・ジェリコが参戦していますから、そちらに噛みつく方がいいでしょう。

いのうえ
ジェイの人気もイマイチですしね。
スポンサーリンク

まとめ

書いていたらエントリーできない理由がありすぎて悲しくなってきました。

本当は修行を終えた後藤が新必殺技を携えてジョン・モクスリー、オカダ、内藤、飯伏、KENTA、オスプレイ、鷹木を蹴散らして完全復活優勝して欲しいんです。

しかし、KIZUNAロードも参戦してこないとなるとG1で復帰になります。これはなかなかハードルが高いですね。過去にも1人そんなレスラーがいましたね。

そう、内藤哲也です。内藤もベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの期間中にメキシコに渡り、ロスインゴベルナブレスというキャラを手に入れました。後藤もそうなると嬉しいです。

ジェイも昨年のG1でCHAOSを脱退しましたし、ヒール役に徹してIWGPヘビー級王者まで上り詰めました。

これは殿も変わる可能性がありますね。6月16日の発表を待ちましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.