プロレス

いい風吹いた!ジュニアタッグ選手権は今後もメインでいいんじゃない?

投稿日:

IWGPジュニアタッグ選手権試合がメインに組まれるのはいつぶりでしょうか?

調べたら去年の4月に後楽園ホールで組まれていました。エル・デスペラード&金丸義信vs髙橋ヒロム&BUSHIでした。

どうしてもジュニアタッグは3WAYとか4WAYで試合が組まれたり、試合順も前半部分が多かったりで、ジュニアファンはヤキモキしていた気持ちも晴れたのではないでしょうか?

煽りVもいい感じでした。

いのうえ
しかし、鷹木信悟はしゃべるの上手いですね。BUSHI頑張れ!

試合はROPPONGI3Kが勝利

一進一退の攻防から最後はYOHがドラゴンスープレックスでピンフォール!


個人的にYOH選手が決めたことがよかったです。と、言うのも、YOHにはこれといったフィニッシュホールドが無かったのですよ。ファイブスタークラッチという丸め込み技はありますが、やはり、「わ~!これは返せない!」と思わせるほどの説得力のある技がある方がいいですね。

BUSHIのMXしかり、

SHOのショックアローしかり、

フェイバリットホールドがあるといいですよね。ドラゴンスープレックスは現在、新日本プロレスでフィニッシュホールドまで昇華させている選手はいません。以前、棚橋が使っていましたが、膝の状態が悪いせいか最近はあまり使用していないです。

スポンサーリンク

ジュニアならではのスピーディさで大盛り上がりだったので、またメインで見たい!

スピードとタッグならでは合体技が随所に織り込まれるジュニアタッグは見ていてとても楽しいです。初心者でも盛り上がりやすい試合構成な気がするので、またメインで見たいですね。

気になるのは次の挑戦者チームです。当日のNJPWORLDゲストの金丸選手が「俺とデスペラードのベルト」と言っていたので鈴木軍の再チャレンジがあるかもしれません。同一カードが多いとゲンナリするのでタイガー&ライガーも見てみたいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.