プロレス

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25|青森・八戸市東体育館大会レビュー

投稿日:

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25|5月31日(木)青森・八戸市東体育館大会レビュー。

今回はAブロックの6回戦目です。今大会で優勝戦進出者が絞られる重要な大会です。

八戸市東体育館はこんな感じになります。

これは土足禁止ですかね?天井が高くて解放感がありますね。

スポンサーリンク

Aブロックの6回戦注目カードとこれまでの闘い

いよいよ今大会を含めてリーグ戦はあと2試合。ここで約半数が脱落するので注目ですね。

これまでのAブロックの闘いです。

2018年5月18日(金)東京・後楽園ホールレビュー

2018年5月20日(日)静岡・キラメッセぬまづレビュー

2018年5月24日(木)滋賀・滋賀県立体育館(ウカルちゃんアリーナ)レビュー

2018年5月26日(土)愛知・名古屋国際会議場・イベントホールレビュー

2018年5月29日(火)栃木・栃木市総合運動公園体育館レビュー

注目カードはメインのYOH vs 金丸義信です。2018年前半はタッグ戦線でやられてましたし、タッグパートナーであるSHOは同じく金丸選手のタッグパートナーであるエル・デスペラード選手に勝っています。ここで勝つと金丸&デスペラード組の持つ「IWGPジュニアヘビー級タッグチャンピオンベルト」への挑戦もしやすくなりますね。

BOSJ Aブロック6回戦フリップ・ゴードン(3勝2敗) vs.BUSHI(2勝3敗)

BUSHIがエムエックスを決めて3カウント!

勝者:BUSHI

BUSHIが3連敗の後の3連勝でしたが、優勝戦進出は厳しそうです(石森選手に敗れているため)。最終戦は金丸選手との軍団対決になるので面白そうですね。

BOSJ Aブロック6回戦ACH(2勝3敗) vs.石森太二(3勝2敗)

実はこの二人、プロレス団体NOAH(ノア)ではタッグを組んでいました。お互いの手の内は知り尽くした間柄ですが、時が経ち、違う団体で敵同士で対戦することもあるってプロレスって”ストーリー”のあるエンターテイメントですね。ただの1試合ではなく、点と点を結んだ線の中の1試合なのでまた続くでしょう。

石森がブラディ・クロスを決めて3カウント!

勝者:石森太二

イッツ・リボーンの石森選手が勝ち点を8にしました。一方敗れたACH選手は最終日に勝利しても敗退が決定しました。

こんな熱いやり取りがあったみたいです。立場は違えと共に切磋琢磨した仲間は応援したくなりますよね。

BOSJ Aブロック6回戦タイガーマスク(3勝2敗) vs.ウィル・オスプレイ(3勝2敗)

スプレイがストームブレイカーを決めて3カウント!

勝者:ウィル・オスプレイ

タイガーマスクは3連勝のあとの3連敗!このままひっそりと敗退してしまうのか?オスプレイは勝ち点8に伸ばして最終日はフリップ・ゴードンとの戦いです。

BOSJ Aブロック6回戦YOH(2勝3敗) vs.金丸義信(2勝3敗)

BブロックのSHOとデスペラードをタッグパートナーとして、2018年のジュニアヘビー級タッグのベルトを争ってきた二組です。SHO vs デスペラードはSHOが勝ったため、どちらも負けられない一戦になりました。

YOHがファイブスタークラッチを決めて3カウント!

勝者:YOH

YOH選手には説得力のあるフィニッシュが今のところないんですよね~。披露していないだけかもしれませんけど。打撃系が得意そうなので期待していますよ!ただSHO選手も勝っているためジュニアタッグのベルトへの挑戦権は獲りましたね。

6月9日にタイトルマッチやるかもしれませんね。

と言っているみたいなので、”風”を意識した新必殺技の登場を期待しましょう。

スポンサーリンク

【Aブロック】ベスト・オブ・スーパーJr.25:勝点&勝敗(※5月31日終了時点の結果)

残すところは最終戦なんですが、ここで優勝戦進出者の可能性のある選手は?金丸選手とACH選手は最終戦勝利しても勝ち点6までなので敗退決定。

タイガーマスク、フィリップ・ゴードン、BUSHI、YOH共に勝ち点6。結果によってはゴードンとYOHは決勝にいけそうですが、おそらく石森選手とオスプレイ選手のどっちかでしょう!

勝ち点8の石森とオスプレイは共に勝てば勝ち点10で並びます。ただ同勝ち点の場合、直接対決に勝った方が優先されますので、両者ともに勝利した場合は石森選手が決勝に勝ち残れます。

オスプレイ選手が決勝に進むには、”オスプレイ勝利、石森➡引き分けor負け”の場合のみ。

この二人に絞られましたと思います。僕はオスプレイが勝ち残りそうな気がします。

次回はBブロック公式戦6月2日(土)群馬・ニューサンピア高崎大会をレビューします。

ベストオブスーパージュニア25の優勝者はこちらのブログ

参照:新日本プロレス

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.