プロレス

【新日本プロレス】6月5日のジュースの相手はジョン・モクスリー

更新日:

新日本プロレスは現在ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26が盛り上がっています。6月5日に決勝戦が両国国技館で行われますが、それ以外にも魅力的なカードが発表されています。

棚橋弘至復帰戦としてvsジェイ・ホワイトが予定されていますが、現在、IWGP”US”ヘビー級王座のジュース・ロビンソンにも動きがありそうです。

※5月27日に謎の男はディーン・アンブローズこと、ジョン・モクスリーということが発表されました。

スポンサーリンク

ジュース・ロビンソンが6月5に戦う相手とは?

5月3日の「レスリングどんたく」でジュースが勝利した試合後から流れ始めたPVです。

BARらしきところで砂時計を傾けながら、ジュースの試合を眺める男性。背中にはDEATH RIDERSの文字が入った革ジャンを着ています。「TIME'S UPおまえは終わりだ」の文字が入り、ナイフを持ちながらテーブルに傷をつけます。

恐らく、ジュース・ロビンソンが持つIWGP”US”ヘビー級チャンピオンベルトに挑戦するのではないか?と予想されています。6月5日と日付が入っているので、両国国技館で何かしらの進展はあるでしょう。

新日本プロレスの会場ではジュースが試合をするたびに何度も流されているPVです。

6月5日に登場するレスラーは誰なのか?

ファンの間では誰がくるか?を予想しています。最近、怪我で戦列を離れているデビット・フィンレーではないか?と言う人もいます。

ジュースとは仲が良かったですが、これを機会にヒールターンするのではないでしょうか?裏切りはプロレスの醍醐味ですから、可能性は捨てきれないですね。と、ファンが予想する中、全く違うところから分かってしまいました。

スポンサーリンク

6月5日にクリス・ブルックス選手が新日本にやってくる

なぜ、これが分かったかというと、あるTwitterからでした。

 このPVは明らかに新日本プロレスのPVをオマージュして作っている気がするんですが…(笑)。たまたま似ているだけですかね(笑)。最後に思いっきり名前と顔も出ています。

という訳で、おそらくジュースと戦うのはクリス・ブルックスです。

6月15日よりDDT参戦なのでスケジュール的には大丈夫でしょう。それにしてもプリンス・デビットあたりからイギリス経由でいいレスラーがやってきますね。DDTに参戦するのなら新日本プロレスはスポット参戦でしょうか?

はたまた、デビット・フィンレーが鈴木軍入り!という流れも面白いですね。

新日本が公式に発表!謎の男はディーン・アンブローズこと、ジョン・モクスリーだった!

 先日アメリカで行われたAEWの試合に乱入したジョン・モクスリーが自らのTwitterで発表しました。ジュースは「過去に戦ったことのある選手だ!」と言っていましたが…。

かなりのビッグネームです!盛り上がりが凄いです。最近、エル・ファンタズモやジョン・モクスリーなど海外ビッグネームが参戦することが多くなってきましたね。海外のプロレスファンをNJPWWORLDに入会してもらおうとする狙いでしょう。

新日本プロレスとAEWの関係は友好的なのか?

先日、AEWの旗揚げ戦でクリス・ジェリコがケニー・オメガに勝利し、AEWのタイトル挑戦権を獲得した上でオカダ・カズチカのIWGPに挑戦することになるのですが、ジェリコに続いてジョン・モクスリーまで新日本プロレスのリングに上がることになれば、かなり友好的ではないでしょうか?

確かにAEWも立ち上げたばっかりで所属選手も少なく、巡業的なこともできないでしょう。新日本プロレスでは現状、選手が余っています。ユニット同士の争いも飽きがきたらマズイですから、新しい選手を参戦させることで新陳代謝を行っていくのは企業として正常なのかもしれません。

そうなると、新日本プロレスの所属選手もうかうかしていられないです。実際、ジョン・モクスリーがUS王者に挑戦することで、枠が一つ減りましたし、ますます選手が溢れることになりそうです。しかし、逆パターンもあり、新日本プロレスの選手が海外で輝くこともあり得ます。

内藤とケニーなんかは新日時代にそこまで絡んでいなかったですし、鈴木軍がAEWに乗り込むのも面白そうですね。AEWと友好関係が続くようであればますますグローバルになっていくんじゃないかと期待します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.