プロレス

新日本プロレスでのKENTAのバクステのコメントをまとめてみた

更新日:

バレットクラブ入りしてからのKENTAのヒールっぷり、コメントっぷりが盛り上がっています。対戦相手をいじり仲間を褒めたたえて観客を煽るスタイルが定着しつつあり、最初は否定的だった新日本プロレスのファンもすっかりKENTAのコメントに注目するようになっています。

2019年6月の大阪ドミニオン大会での初登場からのコメントをまとめてみました。

スポンサーリンク

KENTAのコメント集

バレットクラブ入りする前のコメント集(主にG1のとき)

KENTAのコメントG1クライマックス29開幕前~KENTAのプロレスお見せします

リハビリ中の柴田勝頼に呼びこまれる形で新日本プロレスマットに登場したKENTA。アメリカでの失敗を取り返すべく新日本プロレスで再起を誓い、這い上がっていこうとする意気込みを感じるコメントです。

リング上でコメントした「KENTAのプロレスお見せします」は良いフレーズでした。

KENTAのコメント:G1クライマックス29飯伏戦後

G1初試合で開幕戦のセミ、会場はアメリカのダラスでした。この試合で飯伏が足首をひねってしまい(その後優勝してしまいましたが…)KENTAの”受け”が悪いとか散々言われていました。

しっかりと試合を分析し、新日本マットでの初試合を終えて感慨深い感じです。

KENTAのコメント:G1クライマックス29棚橋戦後

この日はメインで棚橋弘至を破った後にリング上でコメント。「棚橋さん」と呼んでいますしベビーフェイスの立ち振る舞いです。ただ、観客を煽ってみたり、ボケたりツッコんだりするところはうまい感じ。NOAH時代のパフォーマンスを知らないのですが、この感じだと結構上手いですよね。

KENTAのコメント:G1クライマックス29ランス・アーチャー戦後

このままいくよ…と言葉少な目のコメント。ここまでG1を三連勝中。

KENTAのコメント:G1クライマックス29EVIL戦後

一言だけ…あ~、楽し!でした。ちょっとふてぶてしさが出てるかな?

KENTAのコメント:G1クライマックス29SANADA戦後

名古屋大会でのオカダ戦後に続き、この日もカメラの前には姿を現すもノーコメント。

KENTAのコメント:G1クライマックス29バッド・ラックファレ戦後

ファレにフォールを奪われて怒っているかと思いきや、切り替えて冷静に自分の置かれている状況を語り出します。この日でG1は三連敗でしたが、コメント力はかなり付いていました。最後の締めは「KENTAのプロレスお見せします」でした。

KENTAのコメント:G1クライマックス29ウィル・オスプレイ戦後

この日も負けてしまい、オスプレイを称えるコメントをするKENTAでした。最後まで楽しんでやりたいと優等生コメント。

KENTAのコメント:G1クライマックス29ザック・セイバージュニア戦後

KENTAはG1で4連勝して5連敗しました。現在地を確認してこれからどうするか…とコメントしています。ひょっとしたらこの時からバレットクラブ入りを考えていたのでしょうか?

KENTAのコメント:G1クライマックス29最終日

タッグパートナーの石井を裏切り、新日本プロレスに導いてくれた柴田を返り討ちにしバレットクラブ入りした瞬間です。とんでもないことで史上最悪ヒールが爆誕した瞬間でもありました。

「いやぁ~、最後、『G1』締めたねぇ! メチャクチャ気持ちよかったなぁ……。ブーブー言ってたな! ブーブー言ってたよ! 柴田もうれしかったろう、あんだけ久々に声援浴びて。あ!? 礼の一つでも言いに来いって。
今日から新しい始まりだよ。俺から目を離すなって言ってたろ、ここ何日か、ずっと。まだまだ終わんねぇぞ!」

バレットクラブ入り後のコメント

8.31ロンドン:NEVER無差別級選手権試合後のコメント

このときはカッコイイヒールを演じているようなクールなコメントです。

大分大会でのIWGPタッグ戦に乱入したあとのコメント

このときからカメラに座れ座れ…、立て立て…とカメラさんとふざけるようなコメントが目立ち始めました。ヒールっぽいバカにしたような笑顔もいい感じです。

KENTAのコメント:9月の鹿児島大会:飯伏戦後

真面目にプロレスをいつまでできるか分からない、今を楽しむんだとコメント。鹿児島出身歌手の長渕剛の名前を出したり冷静にコメントしているように見えます。ときどき真面目なコメントをするのもKENTAの魅力ですね。

KENTAのコメント:9月アメリカ大会NEVER無差別級選手権試合YOSHI-HASHI戦後

動画が無かったのでコメント抜粋。

「(※英語で)ヨシハシ、ベリー・クロス、ベリー・クロス、オールモスト、オールモスト、ユー・ガット・イット(YOHSI-HASHI、あとちょっと、ほんとにあとっちょっで、お前はこれ=ベルト=を奪えた)。バット、ユー・アー・ナット・マイ・レベル(だけど、お前は俺のレベルにはいない)。ユー・アー・ナット・マイ・レベル。アイ・ライク・ステューピッド・ヒューマン・ビーイング(俺は愚かな人間が好きだ)。

かかってこい。

このときはかなり真面目なコメントでしたね。英語でのふざけ方がわからなかったのか?アメリカでの再起を狙っているのか?

KENTAのコメント:石井とのNEVER無差別級抗争偏。#TOMO

石井のことを”カレ”と呼び始め、”カレ”の顔がジャニーズ系じゃない?本人もちょっと意識しているでしょ?会社もイケメン方向で押しているでしょ?SHO?YOH?TOMO?でしょ?

あと、YOSHI-HASHIはブスってこと!という名言が初めて出たところでもあります。このときにちょっと気になって記事を書いたので貼っておきます。実はこのバックステージコメント動画は新日本プロレスの英語版YouTubeです。日本の方はバックステージコメントは選手が全員まとめて一つの動画ですが、海外版は一試合ごとに分けられています。実は外国人の方がマニア思考が強いのでわけているんではないでしょうか?

更に、このコメント動画からKENTAが登場する動画だけ他のコメント動画の約3倍の再生数を叩きだし始めており、KENTAのコメントに注目が集まり出しました。

新日本・KENTAがヒールとなって石井を褒め殺し&ヨシハシはブス

萌え~!萌え~!TOMOに萌えた!などまるで石井をアイドルのように扱い始めました。わざわざ「石井、いや#TOMOが!」といい直すところが楽しいですね。更には新日本プロレスファンへもっとブーイングしろ!とコメント。

最後はYOSHI-HASHIはブスで締めます。YOSHI-HASHIはNEVER無差別級選手権とは関係がないはずなのですが、ちょいちょいイジられキャラの位置づけでKENTAのコメントに登場し出します。

カメラとのやり取り、TOMOの声がアニメ声でということが面白いらしいです。うちわに#TOMOと書いて応援するようなことはやめろよ!とファンに対してまるでやってこい、とばかりに振るKENTA。

結局何がいいたいかってことは「YOSHI-HASHIはブスって言ったら、本気で怒る人がいてビックリしたってこと!ブスはブス!」

何かを叫びたいが我慢しながら入ってくるKENTA。#TOMOはの声はアニメ声と言い出しました。どう考えてもオッサン声な気がするんですが(笑)。声が可愛いとイジっています。最後は萌え~!と我慢できなかった模様。最後まで目が離せません(笑)。

カメラワークで遊び出したKENTA。#TOMOがトレンドに上がってこないのが不満な様子です。更にファンへ煽りをいれています。試合勘を取り戻しつつあるとコメントしています。やっぱりプロレスって感覚を取り戻すって大変なんですね。

11月の大阪大会でNEVER無差別級選手権試合で#TOMOに勝利した後のコメント。この日もカメラワークで遊んでおり、最後にはイメージビデオの安いやつ!と男子にしか分からないネタをぶっこんできます。

KENTAがアメリカでの失敗について語っているのは結構いいですね。次のシリーズへの予告もあり、最後は「1回の失敗で諦めんなよ!」違う違う!YOSHI-HASHIはブスってこと!」で締めました。

この日のメインでは後藤とジェイのインターコンチ戦があり、KENTAが乱入して後藤に”go 2 sleep”を喰らわせただけでなく、かつての盟友柴田勝頼にもキックを見舞い遺恨を残しました。

KENTAのコメント:後藤との絡み。ワールドタッグシリーズ偏#GOTOHIRO ゴトヒロ編

11月の大阪大会を終えて新日本プロレスは年内最後のワールドタッグシリーズに突入しました。KENTAは髙橋裕次郎とリーグ戦に参加していますが、コメントはタッグのことより後藤関連の方が多いです。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ初日

髪の色を変えた裕次郎とKENTAの絡み。「やっと二人っきりになれたね…また会いに来てくれたんだ…」から始まります。対戦相手の永田や中西を”君”付けで呼んだり、かなりふざけた内容になっています。イメージビデオシリーズは続きます。

今日からまた続くね…、イメージビデオかよ!で締めています。

ちなみに裕次郎の髪色は”シャンパンゴールド”です。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ2日目

試合に負けてしまったKENTA組。裕次郎は髪色を気にしています。ピーターさんとの絡みは今後もちょいちょい出てきます。シャンパンゴールド!KENTAは後藤のGTRで負けてしまったためかノーコメント。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ3日目

この日の第一試合後にKENTAが試合後の後藤を襲います。そのときはコメントを残さず第5試合の自身の試合後のコメントです。

バレットクラブ対決後のKENTAのコメントです。俺は今日座るよ!と宣言してからコメントします。毎回”座るよ”とコメントしているんですけど何か意味あるんでしょうかね?バレットクラブのメンバーを褒めた称え、裕次郎とピーターのいちゃいちゃぶりをいじります。ダメージでノーコメントだったにもかかわらず、ちゃんと聞いているんですね。

#TOMOのあとは#HIRO?といじります。天然は嫌いと言い放ち、後藤、YOSHI-HASHI、柴田も天然ということです。

最後はYOSHI-HASHIはブスで天然のくせに毎回シリーズごとに髪整えたり染めてきたりして美意識高いってこと!で締めています。裕次郎とピーターが髪の色の話していたので綺麗に落ちました。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ5日目

4日目は試合が組まれていませんでした。この日も同じユニットのバレットクラブのタマ&タンガ組との試合。

今回も安いイメージビデオ風で登場してきました。髪の毛の分け方がいつもと違う話から始まります。

#HIROのコメントについて「#TOMOと#HIROでトモヒロじゃないか!」ということについて、”天然”はカワイイとのこと。後藤にもっとコメントを出せと煽っています。殿が天然っていうところはファンの周知の事実ですが、あえて名指しで天然呼ばわりするのはKENTAが初かもしれません。

最後は何が言いたいかって、YOSHI-HASHIがもってくるあの棒ってなに?ってこと。

確かにあのYOSHI-HASHI棒は凱旋試合から持っていたような気がします。新日本プロレススマホサイトでも内藤が言及しているように、あれからずっと持ち続けているってなかなか変化しないですよね。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ6日目

これぐらいからご機嫌な笑顔のKENTAが見れます。

「だ~れだ?このあと川崎球場でキャッチボールしようか?」というイメージビデオお決まりの入りです。#HIROのコメントでKENTAに触れていないことを残念がっていました。そもそも後藤にコメント力がないのはファンは知っているんですけどね(笑)。内藤哲也、中邑真輔、など後藤と対戦する相手は後藤のコメント力、リアクション能力のなさを嘆いていましたが、その悪い流れに乗っているようですね。

結局何を言いたいかって、「あの変な棒をもってカッコつけた顔ができるYOSHI-HASHIのメンタルはどうなってんの?ってこと」でした。あの棒がどうしても気になる様です。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ7日目

今回も試合に負けてしまっていたのですが、KENTAは後藤について言及しています。

試合に負けていたって普通のコメントをして、一回カメラからいなくなるんですが、「んなわけないじゃん!と言って戻ってきます」カメラの前で罵詈雑言を言い放ちます。タッグリーグに集中しているか?どうか?の話をしています。タッグリーグに集中しろ!という意見と+αで後藤をいじっているKENTAの差が出ました。

後藤のコメントに噛みついています。後藤のコメントの流れを読む力の無さが露呈しています。新日本プロレスには自分のプロレスと人生賭けて乗り込んできており、後藤のことを意識してやっている!だけのこと。最後は、あいつがプロ意識語っているつもりで、自分のプロ意識の未熟さを露呈しているってだけのこと!で締めています。

後藤のプロ意識が未熟という本質をついたコメントです。プロは観客、ファンを楽しませてナンボです。リングの上でプロレスだけやっていればいいわけではない!ということをKENTAは言っているのでしょう。過去にも中邑や内藤、棚橋、オカダと数々の対戦相手からバカにされてきている後藤は今後覚醒するのでしょうか?

プロ意識の未熟さがIWGPヘビーのベルトを巻けない理由のひとつでしょう。KENTA戦を経て後藤が変わることを期待したいですが、YOSHI-HASHIと同様変化がないかもしれませんね。

鷹木がNEVERのベルトに興味持っていましたね。ゴトヒロが終わったら挑戦あるかもしれませんね。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ8日目

この試合ではKENTAは敗戦したにも関わらずサムネイル画像に使われています。ファンが待っているんでしょうねww

GOTOHITOがTwitterで絡んできたことを”めっちゃ好きなんですけど!”と表現しています。喋るよりも書く方がいいなら付き合うよ!と宣言。いちいちTwitterの発音を言い直し無駄にアメリカ帰りアピールがいいですね。

確かに後藤は他のレスラーと違い、マイクパフォーマンスよりTwitterの方が見ていて面白い感じです。ひょっとすると12月にNEVER無差別級選手権の試合が組まれるかもしれませんね。

最後は「初めてYOSHI-HASHIの曲聴いたけど、なんか似合わね~ってこと!」とYOSHI-HASHIでオチをつけることは忘れません。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ10日目後楽園ホール

次の後楽園ホールではテンコジ組に勝利するも、試合後に後藤に襲われ残念ながらノーコメント。ピーターさんがパーソナルトレーニング始めたそうです。

ピーターさんとKENTAの写真があったので載せておきます。プロレスラーの身体も凄いですが、ピーターさんの身体の仕上がりも凄いですね!

このときもTwitterでやり合っているので紹介します。

 ちなみにStay goofyは「おバカさんだな~」という愛嬌のあるツッコミのようです。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ11日目後楽園ホール

第一試合の後藤の試合後にKENTAが乱入、その後の第五試合のKENTAの試合後に後藤が乱入しバックステージまで揉めて帰ってきました。この日も残念ながらノーコメント。KENTAのコメントが聴きたいがために1万7千回以上の再生回数は他のコメント動画の1500~3000回数の遥か上です。ファンの期待値は上がりまくっています。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ12日目滋賀大会

久しぶりのKENTAのコメント。2回のノーコメント時に裕次郎がコメントしたことをキッチリ拾ってきました。1分以上の尺をとってくれてKENTAのコメントに飢えていたファンが殺到し再生回数は3万回以上です。

#TOMOの声に萌えたそうです。相変わらずの#TOMOべた褒めです。

久しぶりにあのTOMOの入場曲をリング上から聞いて、なにあれ、最初にあるじゃない、チワワの鳴き声みたいの。あれ、久しぶりに聞けたわ、リング上で。最高。最高だな。そんであのYOSHI-HASHI。これ言いたいんだけど、YOSHI-HASHIって遠目で見るとブサイクに見えるじゃん。でも、近くで見てもブサイクなの、あいつ。マジ、ブスなんですけど、あいつ。意味わかんねえしな。ブスはブスなんだよ。

一番はゴトヒロですが、Twitterで絡んできたことを褒めていますがこの日は少なめです。いちいちTwitter言い直すところがいいですね。

「結局、俺が何を言いたかったかって言うと、“YOSHI-HASHIの棒、近くで見たけど、謎は深まるばかり”ってこと!」YOSHI-HASHIの棒について言及してきました。相当気になっているようです。しかしサムネの笑顔が素敵ですね。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ13日目大阪大会

お待たせ、から入って昨日の疑いを謝っています。逆にピーターさんとの関係を指摘されて弁明からの指きりです。遂にイメージビデオらしい指が出てきました。

「じゃあ、指切りしよっか。指出して。指切りげんまん、ウソついたら入場でYOSHI-HASHIの棒持たす……指切った。絶対え、ヤダよ! なんだよ、それ! 絶対え、イヤだよ。針1000本のんだ方がいいわ、そんなんだったら!」

TOMOとブスのコメント見た?ブスはYOSHI-HASHIのことです。ブスには一言で告ってないのに振られたみたいになってムカつく!とだけコメントし、TOMOにはパートナーが悪いと言及。よほどYOSHI-HASHIのことは眼中にないようですね。

このなかで、「これで俺が試合の感覚、もう少しだよね、取り戻したら、“俺に勝ち目はありません”って言ってるようなもんじゃん。俺の方がエンターテイナーとして完全に優れてるって意味だもんね。負けを認めたようなもんだ。TOMO、もう少し待ってね。グーの音も出ないようにしてやるから。」

とありますが、KENTAのコメントが本当ならば、KENTAは未だにプロレスの試合勘が100%戻っていないようです。7月のG1から5カ月程経過していますが、KENTAの中では100%のデキではないようですね。以前は、NOAHでチャンピオンまで上り詰めた男ですし、試合勘が戻れば2020年はNEVERより上のインターコンチやIWGPヘビーへの挑戦もあるかもしれませんね。

「まあ結局、俺がなに言いたかったというと、“YOSHI-HASHIがコメントするとき、いちいち前髪いじる仕草にイラっとするのは俺だけ?”ってこと」

確かに前髪いじっている(笑)。よく見ていますね。これは動画じゃないと分からないのでYouTube見ているんでしょうね。プロ意識が高い内藤哲也を彷彿とさせます。

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ14日目高知大会

裕次郎が先にコメントしているところを見ちゃったという入りです。

そんなピアスしてたっけ?と付き合っている設定で裕次郎との三角関係に発展しています(笑)。タッグリーグの勝敗はよく分かっていないようですが、毎日充実しているようです。誕生日プレゼントにあげたYOSHI-HASHIのTシャツの行方が…(笑)。普通、誕生日プレゼントをそんな扱いされたら別れると思うんですけど、KENTAの目の前にいる彼女はよっぽどイイ女なんでしょうね。

ゴトヒロのことについてコメントしていますが、相変わらずの後藤の反応の悪さに苛立っているようです。もっと来いよ!と挑発しています。

「俺が結局、なにが言いたいかっていうと、“YOSHI-HASHIがコメントするとき、目の瞳孔開いちゃうやつ、あれ違った意味で怖さ感じるの俺だけ?”ってこと」

確かに目の瞳孔開いていますね。よく見ていますね。本当はKENTAもYOSHI-HASHIのこと好きなんじゃないでしょうか?

いよいとタッグリーグも終盤です。最終戦ではもう一波乱あるんでしょうか?

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ15日目福岡大会

今回は痴話喧嘩から始まります。このシリーズ最長の1分半の前フリです。

私服でYOSHI-HASHIの服着ているから”裕ちゃんは止めた方がいい”とか”自分はYOSHI-HASHIのTシャツ雑巾にしているくせに”と、前日のストーリーを大事に使っていますね。途中、「Official髭男dism - Pretender流しているやつ誰だ」は最終戦への前フリでしょうか?ひょっとしたら次戦の熊本大会か最終戦の広島戦で流れるかもしれませんね。※Official髭男dism-Pretender

マイキーとの関係やリング上で戦えることを語っているのはいいですね。ゴトヒロが動かないことへ苛立っていますね。確かにKENTAが仕掛けているのに襲ったのは数度ですもんね。すぐ辞めちゃうところが後藤の悪いところです。

「結局、俺が何が言いたいかっていうと、“天山、小島とやった時の試合後のYOSHI-HASHIのインタビュー、マジでなに言ってるか意味わかんねえから、みんな見てみて”ってこと

これはチェックしなければいけませんね。

いや、本当に何言っているかよく分からなかったので文字を公式サイトから抜粋。

YOSHI-HASHI「石井さん20年前って言ったけど、俺は20年経つ前、愛知県体育館(に見に)来てるからね。その時と、その時の天山、小島のままかわかんないけどね。でも、昨日も言った通り、2年前、天山、小島と闘って、俺ら勝ってて。今日、試合前から絶対勝てると思ってたから。それが結果になっただけだよ」新日本プロレスオフィシャルサイトより

石井は20年前とテンコジは変わらないと言っており、YOSHI-HASHIは分からないと言っています。確かに何を言っているかよくわかりませんね。

せっかくのKENTAからの絡みを台無しにするゴトヒロとYOSHI-HASHI

ワールドタッグリーグが始まってからKENTAが後藤とYOSHI-HASHIに仕掛けているのに、ケイオスのパッとない2人はどうにもリアクションがずれているのをまとめてみました。

KENTAからのパスを台無しにする後藤とYOSHI-HASHI

KENTAのコメント:ワールドタッグリーグ16日目熊本大会

ついに最終回?ラブドラマも佳境に入り、KENTAがヤンデレ化しました。

遂には裕二郎まで劇団KENTAに引っ張り出してきました。第一試合で後藤を襲撃したことに言及し、ブス(YOSHI-HASHI)のコメントもチェックしているみたいですね。

ちなみにYOHI-HASHIの前日のコメントはコチラ。

「それからKENTA、あいついろいろ言ってるけどな、オイ、そんなんじゃな、そんな言葉じゃ俺のハートは砕けねえからな。お前、なんだよ、髪型とか、別に触ったっていいだろ? 何が悪いんだ? バカじゃないのか、テメエ? オイ、子供みたいなこと言ってんじゃねえよ、お前。髪の毛触ってって、誰が決めたんだ? ふざけんな、コノヤロー。ちゃんと見とけよ。俺らのコメント……」

結局、俺が何が言いたかったかっていうと、“YOSHI-HASHIって絶対、ああは言われてるけど、実際、”俺って結構いけてるし”って思ってるタイプの人間”ってこと。これ、間違いない

最終戦の広島では後藤がアクションを起こすのでしょうか?後藤の試合の次の試合がKENTAの試合なので、KENTAが後藤を襲ってそのままリングインするかもしれませんね。

たかがチラシ。されどチラシ。
まったくチラシで集客できなかった人たちが、次々に集客成功した究極のチラシ集客術。爆発的な売上改善をした数々の口コミを紹介中。

>> 商売人の学校とは? <<

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.