プロレス

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25|5月19日(土)東京・後楽園ホール大会

投稿日:

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25|5月19日(土)東京・後楽園ホール大会の公式戦レビューです。各日程でA,Bブロックの公式戦が行われます。Bブロックの公式戦がある日はAブロックの選手はタッグマッチで前哨戦を行っています。

この大会も2試合目まで無料視聴ができました。

スポンサーリンク

2日目はBブロックの公式戦

Bブロックの出場者の紹介VTRです

BOSJ Bブロック1回戦ドラゴン・リー vs. SHO

AブロックのYOHと同様SHOも帰国後の初シングルマッチです。YOHがスピードとすればSHOはパワーって感じです。

飛びつき腕十字を狙うSHOだが、リーがSHOを強引に持ち上げてデスヌカドーラを決めて3カウント!

※こちらはコーナーポストにぶら下がったSHOに対してのダイビングフットスタンプ。痛そう…。

勝者:ドラゴン・リー

試合自体がかなりバチバチで盛り上がる展開でした。初勝利とはなりませんでしたがSHO選手の今後の試合に期待できそうです。

BOSJ Bブロック1回戦田口隆祐 vs. エル・デスペラード

ヒップアタック(お尻攻撃)を多用する田口選手に容赦のない椅子攻撃が刺さる!

 

田口選手は「こんなの初めて…」と試合後にコメントしたそうです(笑)

最後はレフェリーを掴んでローブロー!(急所攻撃)そしてエル・エス・クレロを決めて3カウント!

勝者:エル・デスペラード

BOSJ Bブロック1回戦KUSHIDA vs. クリス・セイビン

KUSHIDAとクリス・セイビンは共にアレックスシェリー選手とタイムスプリッタ―ズ、モーターシティマシンガンズとしてタッグを組んでいました。友達の友達って関係のイメージです。

セイビンがオール・ヘイル・セイビンを決めて3カウント!

勝者:クリス・セイビン

最後はお互いを称え合う姿!いいですね。

BOSJ Bブロック1回戦高橋ヒロム vs. マーティ・スカル

ヒロムは指攻撃を振り切ってD(変形三角締め)で絞め落としてレフェリーストップ!

勝者:高橋ヒロム

 

叫んでいるのか?写真だけ見るとめっちゃ笑っている感じでヒロムワールド全開です!

最後のマイクパフォーマンスでは「疲れた体痛い、でも大丈夫!BOSJがG1より面白かったってコイツらと言わせてやるよ!」と絶叫。

髙橋ヒロム選手の夢は”ゴールデンタイムでプロレスを放送する”ですから、プロレスファンからの支持率が高いです!

スポンサーリンク

【Bブロック】ベスト・オブ・スーパーJr.25:勝点&勝敗(※5月19日終了時点の結果)

去年の覇者KUSHIDA選手が初戦で敗れました。こちらも波乱の展開です。個人的にはBブロックの選手の方が個性が強いイメージですね。今大会のショートハイライトです。

次回は、5月20日(日)静岡・キラメッセぬまづ大会をレビューします。

参考:5月18日(金)東京・後楽園ホール大会レビュー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-プロレス

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.