体を良くするもの

クロスフィットのAMRAPトレーニングとは何ぞや?

投稿日:

今年もゴールデンウィークがやってきて暑い季節ももうすぐです。

暑くなると薄着になり、体型を厚着で隠せなくなります。いくら長袖を着ても主張し続ける体型たち…(笑)

そこで夏までに何とかしたい!という方のためにオススメなのが脂肪燃焼トレーニングとして有名な「AMRAP」トレーニングです。

スポンサーリンク

短時間で高負荷を与えてくれるAMRAP

 

AMRAPというのは「As Many Rounds/Reps As Possible」の略で「できる限り多くのラウンド/回数を繰り返す」という意味の頭文字をとって「アムラップ」と読みます。

クロスフィットや脂肪燃焼トレーニングメニューとして使われるのが、時間制限でのAMRAPです。例えば、10回のプッシュアップ(腕立て伏せ)、10回のシットアップ(腹筋運動)、10回のスクワットを10分アムラップだと

10minutes AMRAP

  1. プッシュアップ10回
  2. シットアップ10回
  3. スクワット10回

3が終わったらまた1に戻るを10分間続けて1.2.3を1ラウンドとして、10分間でできるだけ何ラウンドできるか?というものです。

AMRAPトレーニングのメリット

このトレーニングのメリットは脂肪燃焼効果が高いということです。

通常のウエイトトレーニングの間にはセット数や回数ごとに休憩を入れたりするのですが、AMRAPの運動はできるだけ最小の休憩で動き続けられるか?が大切になってきます。

その結果、心拍数が高く保たれることで消費エネルギーが増えて体脂肪の燃焼量も増えるのです。休めないから呼吸が乱れた状態での運動になるからです。

特に胸や背中、腹筋、脚などの大きな筋肉を使うエクササイズを取り入れる事によってさらに大きな効果が期待できます。

更には短時間で追い込めます。

通常のウエイトトレーニングは休憩を入れたりして1時間以上かかったりもしまうすが、AMRAPでは休憩をとらないので短時間で追い込めます。短時間高負荷で高い効果を得られることができます。

AMRAPトレーニングのデメリット

とにかくキツイです。息が上がった状態で動き続けるので負荷が大きいです。

いのうえ
息が上がるとどうしても動きが止まるので、精神的にも追い込まれます(笑)

クロスフィットのトレーニングではよく用いられるのですが、みんなと一緒にやるので頑張れると思います。

AMRAPトレーニングメニューを組むコツ

AMRAPトレーニングは常に動き続けるトレーニングなので複数のエクササイズを組み込んだ方がいいでしょう。

先ほどの例だとプッシュアップ(胸)、シットアップ(腹筋)、スクワット(脚)など、更にこれに縄跳びやランなどの有酸素運動も加えると効果倍増です。

ちなみにこれは”CINDY”という名のワークアウトで、

5回懸垂、10回腕立て伏せ、15回スクワットを20分間で何ラウンドできますか?という鬼メニューです(笑)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-体を良くするもの

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.