体を良くするもの

セブンイレブンでサラダサーモンが発売!ダイエットに使えそうです

更新日:

今日も「痩せたい…」と願うダイエッターは数多くいることでしょう。ゴールデンウィークも終わるとそろそろ体のラインも気になる季節になりますね。

「夏=薄着の季節」ですから、僕が通っているジムでもゴールデンウィークあたりから人が増えます。ジムのトレーナーに聞いたら会員数が大きく増えるのは「1月、4月、5月」なんだって。5月は夏に向けてダイエット目的で頑張り出す人が多いみたいです。

夏本番まであと2ヵ月ですから今からダイエットに励んでいないと、だらしない体では山も海もプールも行きづらい!痩せたい!そんなダイエッターに強い味方がセブンイレブンから発売されました。

2017年コンビニ業界売れ筋ナンバー1の「サラダチキン」に次ぐ商品「サラダサーモン」です!どうしてダイエットにいいのか?「サラダチキン」と比べてどうなのか?を書いていきますね。

スポンサーリンク

『サラダサーモン』の味や栄養は?

『サラダサーモン』は見たままの、「鮭の切り身ををスモークした(燻した)」ものです。原材料はアトランティックサーモンと食塩のみ!

127㎉でたんぱく質は12.8g入っています。しかも糖質は1.0gとダイエッターに大敵な糖質も低い!これはダイエット食品として優秀ですね!さすがコンビニ王者のセブンイレブン、「サラダチキン」はコンビニ各社でしのぎを削っているので差はつきにくいですが、そこを素材から変えてくるとはね!

味は美味いです!パサパサしている感もなく、塩味も濃すぎず、脂も少ないし、骨や皮もなく、そのまま食べれるところがいいですね。

身はやわらかく、お箸で簡単にほぐれるのでサラダに混ぜて「サーモンサラダ」にしても美味しそうです。

スポンサーリンク

サラダサーモンの味のバリエーションは?美味しい食べ方?

サラダサーモンの味のバリエーションは?

「サラダサーモン」の味は美味しいのですが、”新商品”ということもあり、2018年5月15日現在ではコンビニで発売されている味のバリエーションは塩味だけです。人気が出てきたら色んな味が楽しめそうですね。

製造元の松岡水産さんではオリーブオイル味、スモーク味(今回紹介した味)、スモークパストラミ味、タンドリー風、とあります。今後の人気次第では他の味もコンビニで見かけるかもしれません。

松岡水産株式会社ホームページ

サーモンですと「チーズ」だったり「マヨネーズ」、和食好きなら「ポン酢」とかのバリエーションが増えると嬉しいですね。

サラダサーモンの美味しい食べ方は?

「サラダチキン」と同様に、”袋から出してそのまま食べる”が一番オーソドックスな食べ方です。袋を持ちながら食べれるので手は汚れませんが、女性がそのまま食べるのは少し抵抗があるかもしれませんね。

このまま食べる以外にもサラダに乗せて食べたり、パスタに混ぜたり、冷凍ピザのアクセントとして上に乗せたりもいいです。

サーモンはチーズと相性がいいので、ピザに限らず”餃子の皮にチーズと一緒に具として混ぜる”なんてバリエーション豊かになりそうです。

「サラダチキン」と比べてどうなのか?

ダイエット食品として一世を風靡している「サラダチキン」です。人気の秘訣は「高タンパク」「低カロリー」「低糖質」の三拍子そろった食品で各コンビニの主力商品としてたくさん種類が出ています。

各コンビニの「サラダチキン」成分表

セブン-イレブンと共に3大コンビニを形成するファミリーマート、ローソンも指をくわえて見てはいなかった。両者ともすぐに追随し、16年度の売上高前年度比はローソンで270%、ファミリーマートで150%以上。サラダチキンはすっかり各社のコンビニ棚で常連となった。週刊ダイヤモンドより

これを見ても分かるように「味」のバリエーションは多数あるものの、食べ続けると、鶏むね肉の食感で飽きてしまう、そんな人も多いのではないでしょうか?インターネット上でも「自作サラダチキン」や「サラダチキンを使ったアレンジレシピ」が多数あります。やっぱり同じ味はいつか限界がくる。

この『サラダサーモン』がヒットすれば、2018年は”『サラダサーモン』ブーム”が巻き起こるかもしれません。

『サラダサーモン』の欠点!価格が高い!

『サラダサーモン』は1つ321円(税込)と「サラダチキン」と比べて100円ほど値段が高いです!売り始めなので価格が高いのでしょうか?コンビニではセブンイレブンでしか見かけないので、各社が出して来たら価格が下がるかもしれませんね。

『サラダサーモン』の値段が高い理由

  • セブンイレブンで発売されているの『サラダサーモン』の原産国は”チリ”です。2017年4月に起きた「チリ沖地震」でサーモンの養殖場が被害を受けた。
  • 世界的日本食ブームで刺身用サーモンの需要が高まり、サーモン自体の値段が上がっている。
  • 円高になってきているので輸入物が高くなっている。

上記の理由があげられます。消費者的にはもう少しお財布に優しいと購入頻度も増えそうですね。

『サラダサーモン』まとめ

味、栄養素、手軽さはダイエットや筋トレのお共に申し分ないです。「サラダチキン」に飽き気味でしたらチェックしてみて欲しい。コンビニではセブンイレブンしか見かけないが、これも他のコンビニが追随してくることが予想できる。

それとも、素材そのものを変えた『サラダ〇〇』が発売されるかもしれませんね。終わりなき「健康・ダイエットブーム」は低価格戦争からオリジナル戦争に移ろうとしているかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
井上 洋人

エーパシ

エーパシ・カイロプラクティック院長、井上洋人です。福岡県久留米市で姿勢改善専門院を経営しています。身体にいい運動や趣味のプロレス観戦やスターウォーズからの気づきを発信しています。趣味:プロレス観戦、映画鑑賞。妻と5歳の息子と暮らしています

-体を良くするもの

Copyright© 久留米エーパシ井上のエンタメブログ , 2020 All Rights Reserved.